50年前に逆戻り!? 貧しくなった日本「原因は円安」との見方は正しいか【経済評論家が解説】 (※写真はイメージです/PIXTA)

円安が進み、日本円の価値は50年前と同程度にまで下がったといわれています。日本人も体感的に「貧しさ」を感じていますが、その原因は、多くの識者が語るように「円安」にあるのでしょうか。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

【関連記事】極めて紛らわしい…財務省の「国は大幅赤字」の本当の意味

「外国人の給料と比べ、日本人の給料ときたら…」?

円相場が実質的に50年前の安さになっていると話題になっています。50年前と比べて海外の物価は大幅に上昇したのに、日本の物価はあまり上がっていないため、現状程度の為替レートであれば、50年前と輸出の困難度が同じくらいだ、ということです(『1ドル120円「実質50年ぶりの円安」と話題だが…1ドル300円時代と同じって、どういうこと?』参照)。

 

50年前と同じということは、過去50年の平均と比べるとはるかに円安だということですし、バブル期前後の厳しい円高と比べれば、輸出企業にとっては天国のような水準でしょう。

 

しかし一方で、それが日本人を貧しくしているという人が少なくありません。外国人の給料は大幅に上がっているのに日本人の給料は上がっていないから、日本人が貧しくなっている、というわけです。

 

ドルが高くなれば、円換算した外国人の給料は上がります。同じことですが、円が安くなれば、ドル換算した日本人の給料は下がります。したがって、給料を国際比較すると日本人の給料が割負けるのは当然です。

 

しかし、だから日本人が貧しくなっていると結論づけるのは早計です。ドルが高いことによって外国のほうが生活費も高いならば、生活水準は日本人と外国人と変わらないかもしれないからです。

 

そもそも、日本で暮らしている日本人の生活は、為替レートが変化しても基本的には変わりませんから、外国人と比較して貧しくなったか否かを考えること自体が不要なのかもしれません。

輸入価格が上がる一方、日本人の資産も増えている

日本で暮らしている日本人の生活も、円安によって少しは変化しています。海外旅行の費用は値上がりしていますし、海外から輸入されるモノは値上がりしているので、生活費は増えているわけです。

 

もっとも一方で、日本人の資産も増えています。日本は巨額の対外純資産を持っていますし、しかも資産は外貨建てで負債は円建てが主ですから、外貨高円安になると円換算した対外純資産は大幅に増えるわけです。

 

外貨を持っている資産家は儲かり、外貨を持っていない庶民の生活は苦しくなっているのだ、という考え方もありますが、それを強調しすぎるべきではないでしょう。

 

ひとつには、日本政府や公的年金等が保有している外貨が値上がりしている(あるいは海外のインフレによって高い金利が享受できている)部分については、国民全体の財産の増加ですから庶民にも当然に恩恵があるはずです。

 

もうひとつは、日本国民が全体として利益を得ているのであれば、あとは分配の問題ですから、資産家に増税して庶民に減税をするのか否かを議論すればいいわけです。

 

【10月4日(火)開催セミナー】
今までになかった「インドアゴルフ×投資」事業投資のご提案
~出店実績96店舗、累計会員数5万人超、創業10年。インドアゴルフのリーディングカンパニー「ステップゴルフ」~

あなたにオススメのセミナー

    経済評論家

    1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

    著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

    趣味はFacebookとブログ。

    著者紹介

    連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ