過去の地政学リスク、地政学イベントの一覧…地政学リスクからわかること (※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』から転載したものです。※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

【関連記事】「相場」の観点から考えるウクライナ情勢

地政学リスクからわかること

調整期間は短く、調整幅も限定的

ウクライナ情勢が緊迫化しています。そこで今回は、過去の地政学リスクやイベントの一覧からなにがわかるかを考えてみます。

 

【図表1−1】、【図表1−2】に、第2次大戦後の主な地政学イベントと米国株式市場の動きを取ってみました。わかることは3つです。

 

まず、多くの地政学イベントにおいて、マーケットは比較的早い段階で回復しています。3ヵ月以内で元の水準を回復することが多く、下げ幅もさほど大きくありません。多くのイベントが、米国株式市場にとっては「対岸の火事」とみなされたり、長期化・泥沼化・膠着化するなかで材料視されなくなることもあるのかもしれません。

 

過去と今回を比べると、下落幅(ダウ工業平均で-7.4%)はそれなりに大きく、経過期間(99日)はそれなりに長いと言え、幅と期間だけで考えれば、そろそろ収束に向かっても不思議ではありません。

 

プーチン大統領によるウクライナ東部地域へのロシア軍の派遣決定(執筆時点:22日午前)は、ひとつの(経験せざるを得ない)イベントをこなしたといえるのかもしれません。

 

おもな地政学イベントとダウ工業平均株価の騰落率(1950-1979年)
【図表1−1】おもな地政学イベントとダウ工業平均株価の騰落率(1950-1979年)

 

おもな地政学イベントとダウ工業平均株価の騰落率
【図表1−2】おもな地政学イベントとダウ工業平均株価の騰落率

 

地政学イベントが景気後退の「きっかけ」になることは多くない

次に、地政学イベントが景気後退の「きっかけ」になることは多くないということです。

 

景気後退の「きっかけ」になる場合は、資源価格の急騰(≒重要な生産要素の供給ショック)を伴っていることが重要なポイントです。例えば、第4次中東戦争やイラン革命に伴う2回の石油ショックと、湾岸戦争です。

 

米同時多発テロは、景気後退の「きっかけ」ではなく「ダメ押し」であり、原油需要は、航空需要の低迷で落ち込みました。今回、ロシアが自国の利益を考慮して行動する場合、天然ガスや原油価格の高騰は限定的とみられます。

 

むしろ、コロナ禍の昨年、中国の輸出金額や米国の輸入金額が過去最高に上ったことを考えれば、中国のゼロ・コロナ政策が失敗して、中国での輸出財の生産が完全停止してしまうほうがリスクとしては大きいでしょう。

 

ダウ工業平均株価と地政学イベント(網掛けは米景気後退期)
【図表2】ダウ工業平均株価と地政学イベント(網掛けは米景気後退期)

 

ダウ工業平均株価と地政学イベント(網掛けは景気後退期)
【図表3】ダウ工業平均株価と地政学イベント(網掛けは景気後退期)

 

ダウ工業平均株価と地政学イベント(網掛けは景気後退期期)
【図表4】ダウ工業平均株価と地政学イベント(網掛けは景気後退期期)

 

地政学イベントよりも「金融引き締め」を心配すべき

最後に、【図表2〜4】灰色の網掛け部分からもわかるとおり、景気後退のきっかけは、地政学イベントというよりも、(金融緩和によるブームとその後の)金融引き締めであるということです。

 

また、金融市場の変動の大きさも、地政学イベントよりも、経済や金融市場でのひずみの解消が引き起こすショックのほうが大きいことがわかります。

 

よほど、地政学リスクよりも、金融引き締めを心配したほうがよいでしょう。現下の動きも、地政学リスクの裏側に、金融引き締めがあることが大きいでしょう。

 

そして、それはもうすぐやってきます。景気の拡大は続きますが、偏りがないように、十分に分散して臨みましょう。

 

 

重見 吉徳

フィデリティ投信株式会社

マクロストラテジスト

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

【7/5開催】「世界のツーリズム業界」の現状と展望と“投資対象”としての魅力

 

【7/6開催】金融資産1億円以上の方のための「本来あるべき資産運用」

 

【7/7開催】どうなる?生前贈与の税制改正と生命保険活用<最新知識編>

 

【7/7開催】金融資産1億円以上の方が知っておくべき「収益不動産」を活用した税金対策

 

【7/12開催】4つの専門家の視点による「相続税土地評価」と相続対策の進め方 

 

【7/12開催】税メリット&銀行借入等を意識した不動産投資「法人化」の進め方<2022年最新版>

フィデリティ投信株式会社
マクロストラテジスト

大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了後、農林中央金庫にて、外国証券・外国為替・デリバティブ等の会計・決済業務および外国債券・デリバティブ等の投資・運用業務に従事。

その後、野村アセットマネジメントの東京・シンガポール両拠点において、グローバル債券の運用およびプロダクトマネジメントに従事。

アール・ビー・エス証券にて外国債券ストラテジストを務めた後、2013年にJ.P.モルガン・アセット・マネジメントに入社、2019年同社マネージング・ディレクターに就任。ストラテジストとして、個人投資家や販売会社、機関投資家向けに経済や金融市場の情報提供を担う。2020年8月、フィデリティ投信入社。

フィデリティ投信ではマーケット情報の収集に役立つたくさんの情報を提供しています。詳しくはコチラ

著者紹介

連載フィデリティ投信のマクロストラテジストによる「マーケット情報」

【ご注意】
•当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
•当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
•当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
•当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ