どれほど「金融緩和」を重ねても…日本の景気が上向かないワケ (※写真はイメージです/PIXTA)

日本の景気を上向かせるため、政府日銀は金融緩和政策を軸に、あらゆるアプローチを行っています。しかし、想定していた効果は得られず、なんとも手ごたえのない状況に…。なぜでしょうか。経済評論家の塚崎公義氏が平易に解説します。

【関連記事】極めて紛らわしい…財務省の「国は大幅赤字」の本当の意味

景気過熱時の金融引き締めは効果大だが…

金融政策は紐のようなもので「引っ張ることはできても、押すことはできない」といわれます。金融引き締めでインフレを抑制することは得意だけれども、金融緩和で景気を刺激することは苦手だ、という意味ですね。

 

景気が過熱してインフレが心配なときに金融政策が効果絶大なのは、ある意味で当然です。金利を猛烈に高くすれば、借金をして設備投資や住宅投資をする人がいなくなり、景気は簡単に悪化しますから。

 

そこで重要なのは、景気悪化をできるだけ小幅にしてインフレをギリギリ抑制するために、金融引き締めの強さをどれくらいに調節すればよいか、ということです。

 

それを考えるために、日銀には日本で最強の景気予想屋たちが大勢働いています。残念なのは、彼らが入社してから一度もインフレ抑制が必要となっていないということなのです。

金融緩和が景気回復させる効果は「正直、弱い」

不況期には金融が緩和されます。通常は金利が下がるわけですが、その効果は限定的です。設備稼働率が低い時に金利が下がっても、「それなら設備投資をしよう」と考える企業は稀でしょうから。

 

サラリーマンも、ボーナスや残業代が減り、リストラの恐怖に怯えている時に「金利が下がったから住宅ローンを借りて家を買おう」などとは思わないでしょう。

 

金利が下がっても効果が小さいのですから、ゼロ金利下で量的緩和等々を行っても、それによって設備投資や住宅投資が増えるはずはないでしょう。

 

現実を見ずに理屈に頼る経済学者のなかには「量的緩和をすれば物価が上がるのでデフレ脱却によって景気がよくなる」などといっていた人もいたようですが、黒田緩和で物価が上がっていないことを確認した上で、反省してほしいものです。

 

金融緩和が直接的に景気を回復させる効果は、以上のように弱いわけですが、株高やドル高をもたらす効果はあり得るので、それが景気を回復させると期待する人もいるでしょう。しかし筆者は、あまり期待できないと考えています。

 

【12月1日(木)開催セミナー】
未曽有の円安ショック!
いまこそ海外資産保有の考えどき…
売却益1,000万円・利回り20%を実現する「フィリピン不動産投資」の魅力

あなたにオススメのセミナー

    経済評論家

    1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。2022年4月に定年退職し、現在は経済評論家。

    著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』『大学の常識は、世間の非常識』(以上、祥伝社)など多数。

    趣味はFacebookとブログ。

    著者紹介

    連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    登録していただいた方の中から
    毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
    会員向けセミナーの一覧
    TOPへ