プリンスホテル売却へ…外資に買われる名門、「日本敗戦」と嘆き

プリンスホテル売却へ…外資に買われる名門、「日本敗戦」と嘆き
(※写真はイメージです/PIXTA)

西武ホールディングスはプリンスホテルやレジャー施設など国内の約30施設をシンガポール政府系投資ファンドに売却する方向だという報道がされました。それを受けて、多くの嘆きの声が聞かれます。みていきましょう。

あなたにオススメのセミナー

    【関連記事】平均給与「433万円」より厳しい…「日本人の現状」

    名門ホテルが外資の手に

    西武ホールディングスは、新型コロナウイルス感染症拡大によって、鉄道やホテル利用が低迷し、資金繰りが悪化。資産の売却を進め、経営効率を高める動きが進んでいます。

     

    今回の報道では、「ザ・プリンスパークタワー東京」や「札幌プリンスホテル」のほか、スキー場やゴルフ場など約30施設を、シンガポール政府投資公社(GIC)に売却する方向で調整を進めているといいます。売却後も運営についてはそのまま西武グループが行い、「プリンス」というブランド名は維持されるといいます。

     

    プリンスホテルは、現在全国で49のホテルを展開する、いわずとしれた国内ホテルの名門。その源流は、箱根・軽井沢の開発に深く関わった箱根土地(後のコクド)です。1980年代から、大規模なスキーリゾートやシティホテルを全国で展開するようになり、さらに米国やカナダ、東南アジア、オーストラリアなどの海外リゾートも買収・提携を進め、日本一のホテル・レジャー企業へと成長していきました。

     

    バブル崩壊後、不採算施設の営業終了、運営権売却が進みましたが、いまなおホテル業界の最大手の一角を成しています。

     

    【ホテル業界「売上高」ランキング(2020年度)】

    1位「リゾートトラスト」1,675億円  

    2位「ルートインジャパン」936億円  

    3位「西武ホールディングス」809億円 

    4位「共立メンテナンス」461億円  

    5位「東横イン」429億円  

    6位「東急」376億円  

    7位「三井不動産」327億円  

    8位「ホテルオークラ」315億円  

    9位「ニュー・オータニ」301億円  

    10位「オリエンタルランド」286億円

     

    ※各社有価証券報告書より。西武HDはホテル・レジャー事業、共立メンテナンスはホテル事業、東急はホテル・リゾート事業、三井不動産は施設営業事業、オリエンタルランドはホテル事業より抜粋

     

    一方、GICは、シンガポール政府によって外貨準備のために設立されたソブリン・ウエルス・ファンド(政府が所有し、公的資金を運用する投資ファンド)で、「汐留シティセンター」を皮切りに、不動産を軸に投資を広げてきました。福岡市の複合商業施設「ホークスタウン」、ホテルの新御三家で知られている「ウェスティンホテル東京」、東京ディズニーリゾートに近い「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」などの取得で知られています。

     

    注目のセミナー情報

    【国内不動産】4月25日(木)開催
    【税理士が徹底解説】
    駅から遠い土地で悩むオーナー必見!
    安定の賃貸経営&節税を実現
    「ガレージハウス」で進める相続税対策

     

    【資産運用】5月8日(水)開催
    米国株式投資に新たな選択肢
    知られざる有望企業の発掘機会が多数存在
    「USマイクロキャップ株式ファンド」の魅力

    次ページコロナ禍で窮地のホテル業界…浮上はあるか?

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    会員向けセミナーの一覧