世界のM&A【ドイツ・オーストリア・スイス】パンデミックが促進した「テクノロジー統合」のすごい効果 (※写真はイメージです/PIXTA)

欧州の景気回復を背景に、DACH各国(ドイツ、オーストリア、スイス)のM&A活動も復活の兆しを見せています。パンデミックは世界経済を混乱・低迷させた一方、企業のテクノロジー化を猛烈に促進しました。結果、M&Aもこれまでにないスピードで進展しており、まだ加速は止まりません。最新事情を解説します。※本記事は、Datasite日本責任者・清水洋一郎氏の書き下ろしです。

【関連記事】米州のM&Aの最新事情…デジタル成熟化・技術高度化が進展

DACH各国のM&A活発化の背景

DACH各国(ドイツ、オーストリア、スイス)のM&A活動が復活の兆しを見せています。欧州の高い予測成長率を背景に、欧州全体にM&A復活の動きが見られますが、その流れの一環だといえます。また、国際通貨基金(IMF)は、欧州のGDPが昨年の5.8%減から、2021年には4.3%増、2022年には4%増になると予測しています。

 

MergermarketとDatasiteが発表したレポート(「ディール・ドライバー:EMEA [欧州・中東・アフリカ] 地域 2021年上半期」)によると、企業もプライベートエクイティ(PE)投資家も、資本調達の準備が整っていることや、パンデミックによる制約のなかでもテクノロジーを用いての取引が増加していることから、M&A活動はますます増加しています。

 

EMEAでは、2021年上半期、M&Aの件数と金額が大幅に増加し、件数に関してはすべての業種で伸びが見られました。最近の企業売上実績から見ると、2021年後半にM&Aが活発になる可能性が特に高いのは、テクノロジー・メディア・通信(TMT)、消費財、工業・化学(I&C)の3つのセクターです。

2025年までに、テクノロジー進化度は「高レベル」へ

新型コロナウイルスの影響で、ドイツ、オーストリア、スイスのM&A活動は停滞していましたが、欧州中央銀行の前例のない支援の結果、各国の経済は安定し、回復基調に乗り、取引は勢いを取り戻しています。

 

現在、DACH各国のM&A実務担当者の多くは、自社および業界全体のM&Aプロセスにおけるデジタル成熟度及びテクノロジー進化度を「中レベル」と評価していますが、5年後にはこれが高いレベルに達すると予想しています。調査対象M&A実務担当者の半数以上が、2025年までに自社のM&Aプロセスにおけるテクノロジー進化度は中レベルから高レベルになると考えています。

 

DACHの実務担当者らは、M&Aプロセス関連のデジタルテクノロジー導入に対する主な障壁として、財政面での制約、セキュリティ、プライバシーの問題を挙げています。

 

しかし、コメルツ銀行のM&A担当最高幹部らは、取引サポートツールとしてテクノロジーを利用するM&A実務担当者は、今後ますます増えていくだろうと予測しています。幹部たちは、銀行その他のアドバイザーは、サードパーティのテクノロジーソリューションを採用し、ビッグデータやインテリジェントなマッチングアルゴリズムにより、「買い手」と「売り手」を自動的にマッチングさせるプラットフォームを使いながら、売り手側の業務をサポートしていくことになると確信しています。

 

また、デューディリジェンスなど、多くのリソースを必要とするM&Aプロセスでは、テクノロジー、特にバーチャルデータルームの活用が進むと考えられます。このような流れはパンデミックによる渡航制限のため、昨年急速な進展が見られました。

 

【8/18(土)関連セミナー開催】
節税、相続、贈与対策から資産形成まで…10万円から始める不動産クラウドファンディング

Datasite  日本責任者

米国で金融、IT、自動車、製造業のマーケティング担当を経て、国内大手IT会社やSIerで金融ITソリューションなどの営業・マネジメントに20年以上従事。

カントリーリスク管理やマクロ経済学の知識を生かし、様々な国内外資系企業のコンサルティングを経験。

現在、Datasite日本法人の代表として、日本市場における事業開発や事業拡大を統括している。

Datasite Japan: https://www.datasite.com/jp/ja.html

著者紹介

連載世界のM&A事情を熟知するDatasiteが発信!最も新しい「M&A」動向

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ