「米金利」と「原油相場」から考える「米ドル高」の先行き (※画像はイメージです/PIXTA)

先週年初来高値を更新し、一時115円突破寸前まで上昇した米ドル/円。本記事では、FX開始直後から第一線で活動している、マネックス証券・チーフFXコンサルタントの吉田恒氏が、「米金利」と「原油相場」の観点から、米ドル高の今後の展開について考察していきます。

[関連記事]「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

「11/23~11/29のFX投資戦略」のポイント

[ポイント]​

・先週の米ドル/円は、年初来高値を更新し、一時115円突破寸前まで上昇した。米金利上昇傾向が続いたこと、対ユーロなどで米ドル一段高となったことが要因か。
・米金利は短期的には「上がり過ぎ」のため、さらなる米ドル高への影響は限られそう。
・ユーロ安、米ドル高は、米金利上昇以上に原油相場の影響が大きかった可能性がある。WTIの5年MAかい離率などを見ると、中長期的な「上がり過ぎ」懸念が強い。原油高限界なら、ユーロ高・米ドル安への戻りが限られる可能性大。

今週は「米金利」と「原油相場」の影響に要注目

先週の米ドル/円は、年初来の高値を更新し、一時115円の大台突破寸前まで上昇しました。先々週の米10月CPI(消費者物価指数)発表後、米金利上昇が続き、日米金利差米ドル優位が拡大したことが理由だと考えられます(図表1、2参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表1]米ドル/円と日米金利差 (2021年6月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表2]米2年債利回りの推移 (2021年1月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

また、もう一つの理由として、米CPI発表後、この間のレンジを下放れ、年初来のユーロ安値、米ドル高値を大きく更新したことから、足元で米ドル高のリード役のようになっているユーロ安・米ドル高がさらに拡大したことも挙げられるでしょう。

 

ユーロ/米ドルは先週、1.12米ドル台へ一段安(米ドル一段高)となりました(図表3参照)。では、このような米ドル高の動きは、今週も続くのでしょうか。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表3]ユーロ/米ドルと独米金利差 (2021年6月~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

米金利については、たとえば金融政策を反映する米2年債利回りの90日MA(移動平均線)からのかい離率などを見ると、短期的な「上がり過ぎ」懸念が極めて強い状況が続いているため、目先的に見ると、さらなる米ドル高をもたらす可能性は低いと考えられます(図表4参照)。

 

出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成
[図表4]米2年債利回りの90日MAからのかい離率 (2010年~) 出所:リフィニティブ・データをもとにマネックス証券が作成

 

マネックス証券  チーフ・FXコンサルタント兼マネックス・ユニバーシティ FX学長

大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍。 機関投資家に対するアナリストレポートを通じた情報発信はもとより、近年は一般投資家および金融機関行員向けに、金融リテラシーの向上を図るべく、「解りやすく役に立つ」事をコンセプトに精力的に講演、教育活動を行なっている。 2011年からマネースクエアが主催する投資教育プロジェクト「マネースクエア アカデミア」の学長を務めた。 書籍執筆、テレビ出演、講演等の実績も多数。

【動画で解説】吉田 恒の為替ウィークリーセミナー
毎月恒例 米雇用統計セミナー

著者紹介

連載国際金融アナリスト・吉田恒氏が解説!今週のFX投資戦略

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!