不動産投資のプロが実践する「エリア分析」の方法

前回は、不動産投資のエリアを選ぶ際のポイントを説明しました。今回は、自分が投資しようとしているエリアを分析する方法を見ていきます。

「1つの側面」のみで判断してはいけない

自分が購入しようとしているエリアがどんな地域なのか、需要と供給のバランスや人口などは、しっかり自分で調べるべきです。「〇〇さんがそう言っていたから」というのは、信じない方がいいと思います。

 

地方圏では、「天気予報に出てくるような大きな都市を買いなさい」と言う有名投資家、不動産コンサルがいますが、「大きな都市は、需給が崩れている場合が多いので、あえて外すべき」という意見もあります。まったく逆ですが、両方から実感を伴った話として聞いています。

 

実際のところ、地域の需要というのはさまざまで、物件タイプによる需要と供給のバランスというのもあります。

 

ファミリータイプの需要があるのに、供給が少ないエリアというのもあります。逆に大きな団地があってファミリー向けは余っており、単身者向けの需要があるエリアもあるのです。

 

やはり、一つの側面では判断してはいけませんし、誰かの言うことを検証もせずに、そのまま鵜呑みにするのは避けた方がいいでしょう。

 

本来、このデータを出すのも、不動産業者の仕事です。筆者の会社を含め、CPM®資格を所持しているプロがいる会社では、こういったデータを全て提供します。そうでない会社で物件購入する場合は、自分でしっかり調べる必要があります。

人口ではなく「世帯数」を見ることが大事

ここでは私たちが行っているエリア分析のノウハウをお伝えします。まずは大枠として、その地域の概要を知ること、「地域市場」の調査です。

 

当社では、『都市データパック』を使って、かなり細かいところまで全部データを出して確認しています。この『都市データパック』はプロの業者が使うものですが、資料としては大変役に立っています。

 

<キーワード>

 

都市データパック

東洋経済新報社から発売されている冊子『都市データパック』は、豊富な社会・経済データと独自調査による多彩な地域情報で全国806市区を多面的に紹介しています。統計データも充実しており、オリジナル指標の「住みよさランキング」など各種ランキングも掲載されています。

 

他に結構使えるのが、ウィキペディアなどのインターネット情報です。駅やその地名を入力すると、おおよその情報などが出てきますので、一般の方がその市場を調べるというのも、そんなに難しいことではないと思います。

 

続いてのステップで「近隣市場」のリサーチを行います。

 

多くのサラリーマン投資家が物件を所有している地域は、融資が出やすいという特徴がありますが、投資家は同じような営業努力をするので、結局のところ価格競争に行きついてしまいます。

 

それが、主要駅から2駅くらい離れると、一気に投資家が減って、地元の農家など地主さんとの戦いになる。そうなれば、投資家が勝てるチャンスがあります。

 

投資家はやる気も知識もありますし、空室に投資することに対して理解があります。地方の地主さんでは、昔の意識が抜けず、入居者が決まるまでリフォームをしない―そんな意識の低さもあります。

 

このように同じ市内であっても少しエリアがずれるだけでマーケットが変わるというケースは少なくありません。わかりやすい例でいえば、神奈川県の横須賀市は人口も世帯数も減っていて、市の情報だけみると、とても投資に適したエリアとは思えません。

 

それが、横須賀中央という駅に限って言えば、非常に投資に強い街なのです。このように同じ地域でも大きな差があるのが賃貸マーケットなのです。

 

エリア分析はこのように市の単位で調べる「地域市場」からはじめて、次に「近隣市場」、最後に「対象物件の特徴」と3段階に行っていきます(下記図表参照)。

 

[図表]市場の視覚化

 

大事なことは、人口ではなく世帯数を見ることです。これが居住系不動産分析において必要なことです。

→毎日読むのが楽しみ!「幻冬舎ゴールドオンライン」無料メルマガ登録はこちら​

 

 

幻冬舎ゴールドオンラインの主催・共催・協賛セミナーをいち早くお届けする、

LINE@アカウントを始めました!お友達登録はこちらからお願いします。

 

友だち追加

 

株式会社ダイムラー・コーポレーション 代表取締役

1978年生まれ。2000年より日本国内の不動産業界に携わり、賃貸営業・賃貸管理・売買営業などを経験する。また個人投資家として自ら日本国内にて不動産投資物件を購入・運用する。その投資経験を広く知ってもらい、投資家の皆様と情報の共有を目的として、株式会社ダイムラー・コーポレーションを設立。投資不動産を中心に事業を展開し、国内外と制限を設けず、不動産・資産管理・資産運用の提案や相談に応じている。

著者紹介

連載不動産投資の嘘〜立地編

本連載は、2016年6月30日刊行の書籍『不動産投資の嘘』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

不動産投資の嘘

不動産投資の嘘

大村 昌慶

幻冬舎メディアコンサルティング

融資のこと、業者のこと、出口戦略のこと…不動産投資において知っておくべき情報は数多く存在する。 これから投資を行おうと思っている人、実際に投資を行っている人の多くは、本やセミナーから多くの情報を得る。しかし、そ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧