【紛糾】18歳以下10万円給付…「世帯別所得」で露わになる、日本の悲惨 (※写真はイメージです/PIXTA)

新型コロナ感染拡大が落ち着きを見せている現在。感染対策は依然として最重要でありながらも、不況へのテコ入れ、困窮者への支援などに国全体が注力しつつあります。特に注目が集まっているのは「18歳以下の子ども1人あたり10万円給付」。賛否両論湧く今、改めて「世帯別のお金事情」について見ていきましょう。

【関連記事】恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

18歳以下10万円給付…世帯別の所得格差はいかほど?

10万円給付をめぐる諸問題、決着はつくのでしょうか。

 

衆議員選挙が終わってはや1週間を過ぎ、コロナ不況への本格的なテコ入れが始まろうとしていますが、公明党の掲げた「18歳以下の子ども1人あたり10万円給付」について賛否の声が止みません。

 

岸田文雄首相が「しっかりと調整をしていきたい」旨を表明しているなか、きのう8日には公明党の竹内譲政調会長が党提言を提出。年内給付へ調整に入っているとの報道も相まり、ネット上では「苦しんでいるのは子どものいる世帯だけじゃない」「制限のある分配とは?」といったコメントが多く寄せられています。

 

もちろん、子どものいる世帯への支援は欠かせません。実際の所得・貯蓄状況、世帯別にはどうなっているのか? 厚生労働省『国民生活基礎調査』(平成30年)より見ていきましょう。

 

■世帯別所得金額はいくら?

 

1世帯当たり所得金額は、全世帯平均「552万3000円」となっています。詳しく見ていくと、高齢者世帯が「312万6000円」(前年比-6.7%)、高齢者世帯以外の世帯が「659万3000円」(前年比+0.9%)、児童のいる世帯が「745万9000円」(前年比+0.3%)です。

※児童とは、18歳未満の未婚の子どもを指しています。

 

世帯別の貯蓄状況について見ていきましょう。「貯蓄がない」と答えた世帯は、高齢者世帯「14.3%」、高齢者意外の世帯「13.0%」、児童のいる世帯「11.6%」、母子世帯「31.8%」となっています。全世帯の平均は「13.4%」。10世帯に1世帯は、貯蓄がなく、日々の暮らしで精いっぱいな現状があります。母子家庭に至っては貯蓄なしが3割超え。困窮世帯への早急な支援が望まれていることは、データにも表れています。

 

一方「貯蓄がある」と答えた世帯について、貯蓄額の分布を詳しく見ていくと、高齢者世帯でもっとも多かったのは貯蓄額「3000万円以上」(10.8%)、高齢者以外の世帯の最多は「500~700万円」(9.4%)、児童のいる世帯も同値で「500万円~700万円」(10.6%)、母子家庭については「50万円未満」(9.9%)が最多となっています。

 

1世帯あたりの平均貯蓄額は、全世帯平均「1077万円」。しかし実際の分布図を見ると、平均からは大きく離れた実情が見て取れます。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!