IMFは世界経済見通しを+5.9%に小幅下方修正 (※写真はイメージです/PIXTA)

本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するデイリーマーケットレポートを転載したものです。

2021年の世界経済見通しは+5.9%と小幅下方修正

■国際通貨基金(IMF)は12日、最新の世界経済見通しを発表し、2021年の世界の成長率を前年比+5.9%と、前回から▲0.1ポイント下方修正しました。内訳をみると、新型コロナウイルスのデルタ型の拡大によりロックダウンを実施したオーストラリアや東南アジアでの下方修正が目立つ一方、資源国では上方修正されています。

リスク要因としてインフレを指摘

■2022年の見通しは前年比+4.9%で据え置かれました。2021年の急速な経済活動の再開から徐々に巡航ペースへと移行する見通しとなっています。

 

■IMFは前回と比較して成長への脅威が増したと指摘し、リスク要因として新型コロナウイルス、サプライチェーンの逼迫、資源価格の上昇、インフレ加速を挙げています。

 

■また、各国間の景気見通しの格差も懸念材料としており、ワクチン接種が遅れる低所得国では低成長が長引くとしています。

 

■ただし、IMFはインフレについて、経済活動の再開に伴う一時的なもので、2022年には大半の国でパンデミック前の状態に戻るとの見方を示しています。

 

(注)データは2020~2022年、IMF予測。ASEAN5はインドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナム。 (出所)IMFのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成
IMF世界経済見通し (注)データは2020~2022年、IMF予測。ASEAN5はインドネシア、マレーシア、タイ、フィリピン、ベトナム。
(出所)IMFのデータを基に三井住友DSアセットマネジメント作成

インフレが一時的かに注目

■今回の世界経済見通しでは、2021年、2022年ともに高い成長が続く予想が維持されました。しかし、インフレリスクは上方向、成長へのリスクは下方向に傾いているとも指摘しています。IMFは、中央銀行はインフレ期待の上昇リスクが高まる場合には迅速に行動する準備を整えておく必要があるとも指摘しており、今後はインフレが一時的かどうかに注目です。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『IMFは世界経済見通しを+5.9%に小幅下方修正』を参照)。

 

(2021年10月13日)

 

関連マーケットレポート

2021年10月7日 主要な資産の利回り比較(2021年9月)

2021年9月28日 2021年10月の注目イベント

投資情報グループは、運用や調査経験豊富なプロフェッショナルを擁し、経済や金融市場について運用会社ならではの情報発信を行っています。幅広い投資家に良質な情報を伝えるべく、年間で約800本の金融市場・経済レポートの発行の他、YouTube等の動画、Twitterでの情報発信を行っています。

著者紹介

連載【デイリー】マーケットレポート/三井住友DSアセットマネジメント

【ご注意】
●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。
●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。
●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。
●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。
●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。
●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧