「ホーム長は会社幹部よりも偉い!」介護業界の不思議な常識 (写真はイメージです/PIXTA)

岸田首相は所信表明で、介護福祉士の賃上げすると公表しました。そんな介護福祉士が働く介護業界では、普通の会社ではあまり考えられない慣習があります。本記事では、『介護の三ツ星コンシェルジュ――暮らしを豊かにするコラムサイト』を運営する株式会社ベイシスの取締役シニア事業部長である荒牧誠也氏が、介護業界の不思議な慣習を紹介します。

【関連記事】年金「月14万円」だが…「老人ホームの請求額」の残酷な現実

施設の雰囲気はホーム長で決まる

私の知っているホームで、ホーム長がノーリフトケアを推進しているホームがあります。

 

ノーリフトケアは人力だけで要介護者を持ち上げない、抱え上げない介護のことをいい、介護者の腰痛防止はもちろん、移乗に伴う要介護者の皮膚の損傷や不快感の軽減にもつながるとても良いケアです。

 

ところが、そんなホーム長の想いに反し、そのホームでは離職率が高いのです。

 

職員に聞いてみると、「理想はよく分かるのだけれど、実践が難しい」「時間がないのでついつい抱え上げてしまう」「自分がこれまでやってきた介護をホーム長に否定される」というのが退職理由です。

 

それを会社幹部に伝え、ホーム長に言ってもらうと、「自分の信念は貫きたい。このホームの介護方針は私が決めます」と取り合ってくれないようです。

 

介護の世界ではよくありがちなのですが、そのホームの介護方針はホーム長が決めるもの。ホーム長は会社幹部よりも偉い!というのが介護の世界です。

「ホーム長に会ってから」入居を決めよう

介護の世界では力をもっているのがホーム長ですので、当然、施設を統治しているのもホーム長。

 

ホーム長はホーム全体を仕切り、ホーム長の考え方でホームが運営されるので、老人ホーム選びでは、「必ずホーム長に会い、介護方針、施設運営の考え方、人柄、入居者への想い」などを確認してください。

 

どんなに施設が立派でも、どんなに一流企業が経営していようとも、どんなに職員配置が多くとも、実際にものを言うのはホーム長の考え方、実行力です。

 

ホーム長がしっかりとした考え方をもって運営に携わっていると、自然とホーム全体の職員にも伝わるものです。

 

ホーム長が優しいホームは職員の雰囲気もどことなく優しいですし、ホーム長がテキパキ動くホームは職員もテキパキ動いています。ホーム長が看護師出身のホームだと医療対応に力を入れていますし、理学療法士出身のホームだとリハビリに力を入れているというように、ホーム長のライセンスで提供するサービスも変わってきます。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

株式会社ベイシス 取締役シニア事業部長

1964年 大阪府大阪市生まれ
1988年 関西電力株式会社入社。介護事業子会社である株式会社かんでんジョイライフや医療関係子会社である株式会社かんでん在宅医療サービスの設立や運営に従事。
関西電力グループのメデイカル・ヘルスケア事業の企画業務や株式会社京阪ライフサポートのM&Aに従事後退職。
2017年 関西電力株式会社を退社。株式会社ベイシスの取締役シニア事業部長に就任。

著者紹介

連載1472施設を徹底調査!プロが教える有料老人ホームの選び方

関西版 介護業界のプロが本気で調査 有料老人ホーム三ツ星ガイド 2021年度版

関西版 介護業界のプロが本気で調査 有料老人ホーム三ツ星ガイド 2021年度版

荒牧 誠也

幻冬舎メディアコンサルティング

ホームを紹介するプロの相談員が失敗しない介護施設選びの極意を伝授! 少子高齢化により、介護施設を必要とする人は年々増えています。 しかし、有料老人ホーム選びについての知識を持ち合わせていないがゆえに、足踏みし…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧