なぜ資産形成に「マンション投資」が最適なのか?

働きながら計画的に資産を増やすには「マンション投資」が最適です。本連載では、マンション投資の最大のポイントである「レバレッジ効果」を味方にした資産形成法をご紹介します。

マンション投資のビジネスモデルは非常にシンプル

結論から言うと、ワーキングウーマンが資産を築くのに最も適しているのは、マンション投資です。

 

マンション投資は、もちろん全額現金で行うこともできますが、ここでは少ない自己資金で大きな資産を手に入れる、つまり金融機関から融資を受けてマンション投資を行う場合の説明をしていきます。

 

マンション投資のビジネスモデルは非常にシンプルで、「お金を借りてマンションを買う→マンションを貸す→家賃を得る→ローンを返済する」というものです。

 

マンションを購入して賃貸に出すと、毎月家賃が振り込まれます。一方、お金を借りてマンションを購入しているので、ローンの支払いが発生します。つまり、この毎月のローン返済を賃借人(入居者)が支払う家賃で返済していくのが、マンション投資なのです。

 

ローンの支払いには終わりがあるので、支払いが終わればそのマンションが資産としてあなたに残され、かつ家賃が毎月入ってくるということになります。

 

【図表 マンション経営のビジネスモデル】

マンション投資の仕組みを理解すれば不安は薄れる

「頭金にする貯金がないからムリ!」という人がいます。確かに、貯金が全くない人は、まずお金を貯めるところから始める必要があります。物件を購入する場合、たとえ物件価格の満額をローンで賄ったとしても、諸費用(登記費用や仲介手数料など。物件価格の約5%程度)の支払いには現金が必要になります。

 

もちろん諸費用もローンに含めることはできますが、金利が高くなってしまうので、最低でも300万円程度は貯金してから始めましょう。

 

「不動産投資はリスクがありそうで怖い・・・」こう感じている方も非常に多くいらっしゃるようです。初めて相談に来られる方のほとんどがそうおっしゃいます。

 

「あなたは、不動産投資を知らないから怖いと言っているだけではないですか? 確かに不動産投資は危ないものもあります。だから、まずは怖いと言う前に、一緒に勉強しましょう。何もしないままでは、スタートラインにも立てませんよ」

 

少々厳しいかもしれませんが、お客様の大切な将来のためのコンサルタントとして、そこはハッキリ言わせていただいています。

 

「自立」するためには、甘えていては駄目なのです。「わからない」「怖い」そう言って何もしないままでは、何も変わりません。そこからどう進んでいくのか、自分の将来をどうしていきたいのか、ということを、しっかりと考えなければなりません。

 

マンション投資の内容や仕組みを理解することで、不安や恐怖感はほとんど解消できます。そのうえで、一歩を踏み出すか否か、ご自身でご判断いただければよいのではないでしょうか。

株式会社アリステア 代表取締役

福岡県福岡市出身。福岡県立修猷館高校、九州大学工学部建築学科卒業。株式会社リクルートコスモス(現コスモスイニシア)を経て1993年株式会社ゴールドクレスト入社。2000年東証一部上場時より取締役就任、2013年専務取締役退任。同年株式会社アリステア設立。

著者紹介

連載ワーキングウーマンのためのマンション投資術

本連載は、2016年6月30日刊行の書籍『働く女性たちへ 今すぐマンション投資を始めなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

働く女性たちへ 今すぐマンション投資を始めなさい

働く女性たちへ 今すぐマンション投資を始めなさい

梅田 圭子

幻冬舎メディアコンサルティング

生き方が多様化し、ひとりで生きることを選ぶ女性も増えています。 自由気ままに生きているように見える彼女たちですが、実は将来への「漠然とした不安」が尽きないのが実態です。著者自身も、忙しく働くなかで漠然と不安を感…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧