コロナ禍でも10%超のリターン…「ノルウェー政府年金基金グローバル」の実態 (※写真はイメージです/PIXTA)

コロナ禍で大波乱となった2020年の世界の株式市場。そのような状況のなか、ノルウェー銀行投資管理部門(NBIM)が運用しているファンド「ノルウェー政府年金基金グローバル」は、10.9%ものリターンをあげたとされています。本記事では、その実態に迫ります。

本稿執筆者が登壇!特別WEBセミナー(無料)
[12/5(日)]米国名門ヘッジ・ファンドへアクセスするには? 

ハイテク株が41.9%以上のリターンを叩き出して牽引

新型コロナウイルス感染症が世界的大流行(パンデミック)となり、歴史的な波乱の年となった2020年――。しかし厳しい環境下でも、北欧で世界最大級ソブリン・ウェルス・ファンドを運営しているノルウェー銀行(中央銀行)傘下の投資管理部門(NBIM)は、ハイテク株投資などの寄与により、2桁のトータル・リターン(総収益率)をたたき出したようだ。

 

ノルウェー銀行投資管理部門(NBIM)が運用しているソブリン・ウェルス・ファンド「ノルウェー政府年金基金グローバル」は、2020年(12月31日時点)のリターンが10.9%、1兆700億クローネに達した(6月14日時点で1ノルウェー・クローネ=13円程度)。

 

リターンの詳細は、ベンチマーク指数の株式部分が11.7%、株式投資が12.1%、ベンチマーク指数の債券部分が6.8%、債券投資が7.5%、非上場不動産投資がマイナス0.1%だった。

 

2019年(ベンチマーク指数の株式部分25.7%、株式投資26.0%、ベンチマーク指数の債券部分7.4%、債券投資7.6%、非上場不動産投資6.8%、トータル・リターン20.0%)に比べると鈍化したものの、新型コロナウイルスの影響を勘案すれば健闘したと言えるだろう。

 

ノルウェー銀行投資管理部門(NBIM)が2021年2月25日に発表した2020年の年次報告によると、「新型コロナウイルス発生・感染拡大は、すべての人々に経済的な影響を及ぼした。パンデミックは、2020年1-3月期に金融市場に衝撃を与えたあと、4-6月期には急速に回復した。

 

2020年は高いボラティリティー(変動率)と業種によって非常に異なる変化をもたらした。世界経済成長は打撃を受けたものの、ファンドの株式投資は12.1%のリターンを達成した。特にハイテク株が41.9%以上のリターンとなり、力強く貢献した」という。

 

ノルウェー政府が1996年5月に初めてファンドへ資本を移管した後、2020年末までに合計で3兆920億クローネのリターンを受け取った。1998年1月1日から2020年末までで年率6.3%、累積6兆4270億クローネのリターンを生み出した。純年率リターンは4.4%だった。

 

本稿執筆者が登壇!特別WEBセミナー(無料)
[12/5(日)]米国名門ヘッジ・ファンドへアクセスするには? 

 

くにうみAI証券株式会社
執行役員 オルタナティブ・インベストメントプロダクト部(AIP)部長

野村総合研究所(ニューヨーク勤務を含む)、モルガン・スタンレー証券、シティグループ証券(マネジング・ディレクター)、バークレイズ証券(マネージング・ディレクター)などを経て、独立系証券役員に就任。2021年4月にくにうみAI証券株式会社(元IS証券株式会社)に入社。

金融証券市場の分析や金融商品の開発に加え、資産運用に関する分野などにおいて、30年近くの経験を積む伝統的な資産運用に加え、オルタナティブ資産運用に関する研究、及び運用商品の開発とマーケティング活動を行う。

慶應義塾大学大学院修了(経営・会計学専攻)、米国ミネソタ大学大学院修了(航空宇宙工学専攻)。

著者紹介

連載世界の「オルタナティブ投資」最新事情

※本記事は、「くにうみAI証券株式会社」に掲載されたコラムを転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!