高卒長男「お前は裕福だから遺産はいらないだろ!」…兄弟格差の悲惨な末路【相続のプロが解説】 ※画像はイメージです/PIXTA

遺言があっても、相続でもめることは多いものです。とくに相続割合に差がついていたり、会話の成立しない親族がいたりすると…。実際に起きた恐ろしいエピソードをご紹介します。※本記事は、一般社団法人相続終活専門協会の書籍 『プロが教える  相続でモメないための本』(アスコム)より一部を抜粋したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

高卒の長男、一流大学出身の次男…嫉妬が生んだ憎悪

■相続割合に大差のある遺言をあえて書いた母の意図とは

 

もはや収拾がつかなくなってしまったこの「争族」。その当事者である淳次さんご夫婦が私の事務所へ相談に訪れたのは、このやりとりの2週間後でした。淳次さんご夫婦から「争族」のいきさつを聞いた私は、さらに詳しく事実関係の確認を行いました。

 

「おそらくお母さまなりの配慮があったのでしょうが、やはり相続割合に差がつくともめるケースは多いですね。特に、お兄さまのように子どもの頃からの不公平感を抱えていらっしゃる場合、これを機に爆発してしまうケースはよくあります。私も最大限お力になりますが……まずは、なぜお母さまが遺言で淳次さんの相続割合を4分の3にし、お兄様の相続割合を4分の1にしたのか、その理由を教えていただけますか?

 

株で勝つ100則を一挙大公開! 詳細はコチラ>>

相続争いを避けるための事前準備
詳細はコチラ>>

確かに相続割合に3倍も差があれば、少ない側のお兄さまが不満を持つことは容易に想像できたはずです。にもかかわらず、なぜお母さまはそのような遺言を残したのでしょうか」

 

すると、淳次さんは静かに口を開きました。

 

「母から直接聞いたわけではないので多少推測もありますが……」

 

■父親の遺産相続で積年の恨みに火がつく

 

父親の義明ががんを患い亡くなったのは、今からちょうど10年前。東京の大手企業に勤めていた義明は、都内に自宅を構え、那須高原に別荘を持っていた。

 

長男の一樹は、小さい頃から勉強が嫌いでやんちゃだった。地元の高校を卒業後、大学へ進学せず中堅の不動産会社に就職。その後、職を転々として最終的に埼玉県の中小企業で定年退職を迎えた。

 

一方、弟の淳次は都内の一流大学を出て大手商社に入社。海外赴任も経験し、36歳のときに都内でマンションを購入。父親が亡くなったのは、その商社で課長として働いている頃だった。

 

誰が見てもわかるとおり「残念な兄と優秀な弟」の組み合わせである。

 

兄弟が3年ぶりに顔を合わせたのは、父親が急死したときだった。そして四十九日を終え、家族3人が実家で向き合った遺産分割協議の席で、冒頭の口論が起こった。

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

アレース・ファミリーオフィス取締役西日本支社長
一般社団法人相続終活専門協会 理事

立命館大学卒業後、大手生保を経て、アレース・ファミリーオフィスへ入社。

遺言相続.com(https://egonsouzoku.com/)

著者紹介

連載GGO大ヒット連載ピックアップ~『泥沼・相続トラブル』

プロが教える 相続でモメないための本

プロが教える 相続でモメないための本

江幡 吉昭

アスコム

「財産が少ない」「家族はみんな仲がいい」 実は、こんな人ほど相続争いの当事者になりやすい。3000件の相続を手がけたプロが教える、相続をスムーズに進めるためのノウハウが満載。相続初心者のための相続のイロハも併せて…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧