年金受給額、75歳での受取り開始なら「1.84倍」に…60歳以後の就労がもたらす大きなメリット

自身の公的年金の受給額は「ねんきん定期便」や「ねんきんネット」である程度調べることが可能です。将来の年金受給見込み額が把握できれば、受給時期の判断やその他の資産形成のめどを立てることができます。ここでは、年金受給の前に知っておきたい基礎知識を解説します。※本記事は、大江加代氏の著書『「サラリーマン女子」、定年後に備える。 お金と暮らしと働き方』(日経BP)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

50歳以上は「ねんきん定期便」で受給額が分かる

●配偶者がいる人は、申請すれば「加給年金」がもらえる場合も

 

「老後の収入」の柱はなんといっても、国からもらえる公的年金です。自分が受け取る年金額を確認してみましょう。

 

いまの年齢が50歳以上なら、毎年の誕生月に届く「ねんきん定期便」を見れば、簡単に確認できます。60歳まで現状の年収が継続すると想定した年金の見込み額が記載されています。受け取り開始を70歳まで繰り下げした場合の受給見込み額もぜひチェックしてみてください。(【画像】「ねんきん定期便」50歳以上はここをチェック

 

配偶者がいる場合は、夫婦2人分の額を合わせれば、老後に生活費として見込める公的年金の概算額を知ることができます。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

また、厚生年金の被保険者期間が20年以上ある人は、年金の受け取り時に「配偶者が65歳未満で生計維持の関係にある」などの条件(下記参照)に合致しているか確認を。申請することによって年間約39万円が「加給年金」として上乗せされます

 

※18歳到達年度の末日までの間の子または1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子がいる場合にも別途支給がある。
※18歳到達年度の末日までの間の子または1級・2級の障害の状態にある20歳未満の子がいる場合にも別途支給がある。

「ねんきんネット」なら公的年金を詳しく試算できる

●働き方に合わせて条件を変更できる!60歳以降も働く場合の試算もOK

 

50歳未満の人に届く「ねんきん定期便」の年金額は、60歳まで納付する保険料が加味されていません。これまでの納付実績のみで受取額が試算されているので非常に小さな額になっています。

 

将来の納付実績を含めた額を試算するには、日本年金機構の「ねんきんネット」を活用するのがおすすめです。

 

使ってみたい便利なサービスの一つが「年金見込額」の試算。働き方や今後の年収、受け取り開始年齢などの条件を自由に設定して、年金額が簡単に試算できます。若い世代だけでなく、50歳以上の加入者も「65歳まで働いて保険料を納付したら、もらえる公的年金はどれくらい増える?」など、シミュレーションしてみましょう。

 

他にも、「ねんきんネット」を使えば年金の加入期間や納付状況などがひと目で分かります。基礎年金番号とメールアドレスを登録すれば、誰でも利用することができるので、ぜひ活用を。

 

あ
*:「ねんきん定期便」に記載されている17ケタの番号。届いてから3ヵ月有効。アクセスキーがない場合は申請すると後日、日本年金機構からハガキでユーザーIDが届く

 

1966年生まれ、22歳から就労した場合のおおよその年金増加額。特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の支給、高年齢雇 用継続給付、在職老齢年金制度による年金の一部が減額あるいは支給停止、配偶者の年金や加給年金などは考慮していない。
1966年生まれ、22歳から就労した場合のおおよその年金増加額。特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の支給、高年齢雇用継続給付、在職老齢年金制度による年金の一部が減額あるいは支給停止、配偶者の年金や加給年金などは考慮していない。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

確定拠出年金アナリスト
株式会社 オフィス・リベルタス 取締役
NPO法人 確定拠出年金教育協会 理事 

大手証券会社に一般職として入社。その後、総合職への転換を経て22年間勤務し、その間一貫して「サラリーマンの資産形成」に関わる仕事に従事。退社後、紆余曲折を経て再び「サラリーマンの資産形成」をライフワークとして講演活動などを行う。

確定拠出年金には日本での制度スタート前から関わり、2015年にNPO法人確定拠出年金教育協会の理事に就任。

月間10万人以上が利用する「iDeCoナビ」を立ち上げるなどiDeCoの普及活動も行っている。厚生労働省社会保障審議会の企業年金・個人年金部会委員。

主な著書は『図解 知識ゼロからはじめるiDeCo(個人型確定拠出年金)の入門書』(ソシム、2017年)

著者紹介

連載「サラリーマン女子」が定年後に備えるためのiDeCo・年金の基礎知識

「サラリーマン女子」、定年後に備える。 お金と暮らしと働き方

「サラリーマン女子」、定年後に備える。 お金と暮らしと働き方

大江 加代

日経BP

長い定年後、どう生きる? 夢中で働いてきた女性たちが「定年後」に直面する時代はこれから。多くの女性にとって30年以上あるこの期間を不安なく、楽しく生きるために最低限知っておいてほしいことをお届けします。 仕事…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧