出生数さらに2.5万人減で過去最低を更新!老後負担増は不可避

6月4日、厚生労働省から『人口動態統計月報年計(概数)』が発表され、出生数は統計史上最小を記録。合計特殊出生率も低下し、少子高齢化に拍車がかかっています。現役を引退し、年金が頼りになる近い将来、私たちの生活はどうなってしまうのでしょうか。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「出生数減」、さらにコロナ禍で「婚姻数」も減少

出生数、過去最低数を記録(※画像はイメージです/PIXTA)
出生数、過去最低数を記録(※画像はイメージです/PIXTA)

 

6月4日に発表された厚生労働省『人口動態統計月報年計(概数)』によると、出生数は2019年から2万4407人減って84万832人、人口1000人当たりの出生率は前年から0.2ポイント減の6.8‰、調査開始以来の過去最少を記録しました。2016年に100万人を割り込んでから、5年で15万人減となっています。

 

【過去10年間の出生数の推移】

2011年:105万807人

2012年:103万7232人

2013年:102万917人

2014年:100万3609人

2015年:100万5721人

2016年:97万7242人

2017年:94万6146人

2018年:91万8400人

2019年:86万5239人

2020年:84万0832人(概算)

 

出所:厚生労働省『人口動態統計月報年計(概数)』より

 

また1人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均である合計特殊出生数は、前年比0.02ポイント低下の1.34人となりました。ちなみに過去最低値は2005年の1.26人です。

 

【過去10年間の合計特殊出生率の推移】

2011年:1.39人

2012年:1.41人

2013年:1.43人

2014年:1.42人

2015年:1.45人

2016年:1.44人

2017年:1.43人

2018年:1.42人

2019年:1.36人

2020年:1.34人

 

出所:厚生労働省『人口動態統計月報年計(概数)』より

 

また出生数を母の年齢別(5歳階級)に見ていくと、45歳以上で対前年比101.6%でしたが、「19際以下」で89.3%、「20~24歳」で92.6%、「30~34歳」で97.1%になるなど、すべての年齢で前年比割れを記録しています。

 

合計特殊出生率を都道府県別に見てみましょう。最も高いのが「沖縄県」で1.86人。ついで「島根県」1.69人、「宮崎県」1.68人、「長崎県」1.64人、「鹿児島県」1.63人と続きます。一方で最も低かったのが「東京都」で1.13人。「北海道」「宮城県」が1.21人、「京都府」1.22人、「神奈川県」1.25人と続きます。

 

【都道府県別2020年「合計特殊出生率」ベスト10】

第1位「沖縄」1.86人

第2位「島根」1.69人

第3位「宮崎」1.68人

第4位「長崎」1.64人

第5位「鹿児島」1.63人

第6位「福井」1.61人

第7位「佐賀」1.61人

第8位「熊本」1.60人

第9位「鳥取」1.59人

第10位「大分」1.57人

 

出所:厚生労働省『人口動態統計月報年計(概数)』より

 

また2020年の婚姻件数は52万5490組で、前年より7万3517組減少。平均初婚年齢は、夫31.0歳、妻29.4歳となりました。

 

昨年の“令和婚”の反動のほか、コロナ禍で思うように挙式披露宴を挙げられず、結婚そのものを先延ばしにするケースも多く見られたことが婚姻件数減少につながったと見られます。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧