【動画】賃貸アパートの相続手続きが難しい理由とは?/複雑化する原因を専門弁護士が解説

一般の不動産の相続もかなり面倒ですが、賃貸アパートや貸家などの相続は、さらに複雑さを極めます。なぜ難しくなってしまうのか、さらに複雑な手続きを回避する方法について、相続専門の弁護士、山村暢彦氏が解説します。※本連載は、山村法律事務所の代表弁護士、山村暢彦氏が相続の対策について語った動画を書き起こしたものです。

\[2/17開催]専門弁護士が解説!
令和2年施行「配偶者居住権」が新たな火種に!?
不動産にまつわる親族間の相続トラブルと解決法<最新版>

複雑な不動産の相続…賃貸物件の相続はさらに厄介!

皆さんこんにちは。不動産専門の弁護士の山村と申します。本日はよろしくお願い致します。

 

今回はですね、なぜ賃貸アパートが絡むと相続手続きは難しいのか、についてご説明させていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

単純に不動産の相続をするだけでも難しいのですが、さらに借家、アパート、貸家が相続財産に絡むと、相続手続きは非常に困難になります。

 

これを知らない方、意識できていない方は非常に多いので、本当に知っておいてほしいポイントだと思っています。

 

続きは【動画】へ↓

 

<今回のトピック>
●賃貸アパートの相続は困難
●わかりやすい数字を使った事例
●借入金の当然分割+抵当権の問題
●借入金の具体的問題点
●団信に入れば問題ない?
●まとめ
●次回予告

 

【複雑な賃貸アパートの相続/今すぐできる相続対策を弁護士が解説】

 

山村 暢彦

山村法律事務所 代表弁護士

 

\[2/17開催]専門弁護士が解説!
令和2年施行「配偶者居住権」が新たな火種に!?
不動産にまつわる親族間の相続トラブルと解決法<最新版>

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

※<特設ページ>富裕層のためのヘッジファンド活用

 

【1/22開催】金融資産1億円以上の方が知っておくべき「民事信託」のキホン 

 

【1/25開催】医師専門の税理士による自己資金0で「医院開業を成功させる」4つのポイント

 

【1/25開催】希少な“FIT型案件”あり!FITからNon-FITへ…「太陽光発電」投資の最新事情 

 

【1/26開催】ファンド・オブ・ヘッジファンズ会社による「投資対象」としてのヘッジファンドの魅力

 

【1/29開催】金融資産1億円以上の方のための「本来あるべき資産運用

山村法律事務所

 代表弁護士

専門は不動産法務、相続分野。実家の不動産トラブルをきっかけに弁護士を志し、現在も不動産法務に注力する。日々業務に励む中で「法律トラブルは、悪くなっても気づかない」という想いが強くなり、昨今では、FMラジオ出演、セミナー講師等にも力を入れ、不動産トラブルを減らすため、情報発信も積極的に行っている。

クライアントからは「相談しやすい」「いい意味で、弁護士らしくない」とのコメントが多い。不動産・相続のトラブルについて、自分ごとのように解決策を提案できることが何よりの喜び。

さらに不動産・相続法務に特化した業務に注力するため、2020年4月1日、不動産・相続専門事務所として山村法律事務所を開設。

山村法律事務所
神奈川県横浜市中区本町3丁目24-2 ニュー本町ビル5階C号室
電話番号 045-211-4275

山村法律事務所ウェブサイト:https://fudousan-lawyer.jp/
不動産大家トラブル解決ドットコム:https://fudousan-ooya.com/

著者紹介

連載相続・不動産専門弁護士が教える相続対策のキモ

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧