年収が高い営業マンほどお客さんに「厳しい言葉」を使う理由

本記事では、ファイナンシャルプランナーオフィスのLive to Relief(ライヴトゥリリーフ)株式会社代表取締役・笹村敏夫氏が、自身の経験をもとに「成功する営業マン」の特徴を解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

「お客さまは神様」と考え、媚びへつらう営業マン

・「お客さまは神様」

 

営業の世界で、当たり前のようにいわれるフレーズの一つであり、サービス業などでもよく使われます。なぜこの言葉が流布したのか。古くは歌手の三波春夫さんがそう発言しています。そのあたりにルーツがありそうです。

 

では、「お客さまは神様」とは、どういう意味でしょう。「お客さまとは、私たちにお金を払い、生活を支えてくれる人。だからこそ神様と思って、平身低頭で尽くしていかねばならない」このようにとらえている人は、残念ながら一流の営業マンにはなれません。

 

三波さんのファンの方々から「ケチをつけるのか」というお叱りを受けそうですが、そもそも、三波さんは、「お客さまを崇(あが)め奉(たてまつ)る」という文脈で、「神様」とは発言していません。

 

三波さんは「歌を歌うとき、あたかも神前で祈るように、雑念を払い、まっさらに澄み切った心にならなければ完璧な芸をお見せできない。だからお客さまを神様とみて歌う」と真意を話しています。三波さんが舞台に上がる際の心構えを示した言葉であり、お客さまに対し、実際に平身低頭で尽くせという意味とは違います。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

営業マンの中には、「お客さまは神様」を合言葉に、とにかく頭を下げ、媚を売り、いうことをなんでも聞いて、なんとか契約までもっていこうとする人がいます。

 

そうしてお客さまに媚びへつらうような営業マンは、自分が客の立場となった際「お客さまは神様なんだから、サービスして当たり前だろう」というように、偉そうな態度を取るケースもありますから、残念なことです。少なくとも私が知る限り、こんな態度で1000万円を超える年収を得ている営業マンは、一人もいません。

 

逆からいうと、商品やサービスを提供する側も、お客さまを持ち上げすぎているきらいがあると感じます。「お客さまは神様」と教わってきたおかげか、必要以上にお客さまに平身低頭してしまうから、客側も調子に乗るのです。

 

ここではっきりと述べておきたいのは、世の中のあらゆる商品やサービスにおいて「売り手より買い手のほうが偉いわけではない」という点です。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

Live to Relief(ライヴトゥリリーフ)株式会社 代表取締役

大学卒業後、1993年に株式会社ロッテに入社。
スーパーやコンビニエンスストアへのルート営業、マーケティング職を経験し「母の日ガーナ」販促などのヒット企画を生み出す。
2003年に日本生命保険相互会社(GLAD)に転職。
ライフプロデューサーとして保険コンサルティングに従事。
個人保険を中心に毎週2件以上の契約を113週継続(2021年5月現在:日本生命レコード)。
2004年から複数回にわたって業界上位2.5%のトップセールス集団であるMDRT会員※となる。
※生命保険・金融プロフェッショナルの組織
2013年ファイナンシャルプランナーオフィスLive to Relief株式会社設立。
自身が培った教育ノウハウで複数の営業未経験者をMDRT会員に育てている。
仕事と並行して母校(東京経済大学)の体育会ハンドボール部の監督を務める。

著者紹介

連載年収1000万円になるための営業スキル

本連載は書籍『人生が変わる「究極の営業」』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

人生が変わる「究極の営業」

人生が変わる「究極の営業」

笹村 敏夫

幻冬舎MC

営業は「どんな人でも成功できる」というと、にわかには信じ難いと思います。 しかし、営業未経験者であっても、しゃべりがうまくなくとも、正しい方向に努力すれば必ず、成功を収めることができるのです。 著者も、保険営業…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧