60代の平均貯蓄額「1849万円」…老後資金を補う6つの方法

現在、公的年金だけで暮らす高齢者の数は全体の約半数にのぼるといわれています。限られた年金や預貯金で暮らすには、正しい知識で資産を防衛し、運用することが大切です。本記事では、老後資金の不足分を補う方法について見ていきます。※本連載は、岩崎博充氏の著書『「年金20万・貯金1000万」でどう生きるか - 60歳からのマネー防衛術 -』(ワニブックス)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

1億円の預貯金があっても、安心はできない

資産の防衛、不足分の補塡方法として考えられるのは6つ。

 

①自分で働いて生活費を稼ぐ

②預貯金を取り崩して不足を補う

③資産運用による収益で不足を補う

④不動産の家賃収入などで不足を補う

⑤預貯金の利子、株式配当等で収入不足を補う

⑥保有する資産を現金化する

 

まずは①の「自分で働いて生活費を稼ぐ」方法ですが、これは年齢や健康状況によって極めて不安定です。80歳になっていきなり生活費が足りないから働くといっても限界があります。

 

②の「預貯金を取り崩して不足を補う」方法ですが、問題は公的年金が通用しなくなるような時代に、貨幣価値が変化していないかどうかということ。1億円の預貯金があったとしても、10年後に半分の価値しかなくなっている可能性もあります。

 

また、自分の寿命があらかじめわかっていれば簡単ですが、どの程度預貯金を用意しておけばいいのか、満足できる金額はどの程度なのかは、これまた極めて不透明と言えます。

定年退職前後の資産運用は「減らさないこと」が大事

③の「資産運用による収益」はどうでしょうか。資産運用といっても目的は貴重な老後資金の防衛とサバイバルですから、もちろんハイリスク・ハイリターンを狙うものではありません。老後のための資産作りには2つの意味があります。

 

一つは、若いうちから老後資金を蓄える資産作り。そして、もう一つは、長い老後期間に資産の目減りを防ぐための「資産防衛法=マネーサバイバル」です。

 

ここでは退職金を含めて1000万~2000万円程度の資産はある、あるいは定年退職後にこのくらいの蓄えが残るだろう、という人を対象としてアドバイスしてみます。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

定年前後の世代にとって必要なのは「今から貯める」「今から増やす」よりも、「これ以上減らさない」ことです。

 

現在60歳代の人の平均的な貯蓄額(=資産額)は、金融広報中央委員会の調べによると1849万円(「家計の金融動向に関する世論調査」/2018年)という結果が出ています。

 

ちなみに、これは貯蓄がゼロの人も大富豪も含む平均値であって、最も多くの人が持っている金額「中央値」は、60代の場合、1000万円です。

 

\ 7/29(木)開催/

コロナ禍でも「高賃料×空室ゼロ」24時間楽器演奏可能・防音マンション『ミュージションの全貌

経済ジャーナリスト

1952年長野県生まれ。武蔵大学経済学部卒業後、雑誌編集者を経て、金融・経済関連の企画、編集、執筆を行うプロダクション「ライトルーム」を設立。取材執筆のほか、テレビ、ラジオ等のコメンテーターとしても活動している。

『老後破綻 改訂版』(廣済堂出版)、『グローバル資産防衛のための「香港銀行口座」活用ガイド』(幻冬舎メディアコンサルティング)、『日本人が知らなかったリスクマネー入門』(翔泳社)、『「老後」プアから身をかわす 50歳でも間に合う女の老後サバイバルマネープラン! 』(主婦の友インフォス情報社)、『はじめての海外口座』(学研パブリッシング)など著書多数。

著者紹介

連載60歳からのマネー防衛術

「年金20万・貯金1000万」でどう生きるか - 60歳からのマネー防衛術

「年金20万・貯金1000万」でどう生きるか - 60歳からのマネー防衛術

岩崎 博充

ワニブックス

麻生大臣の「年金だけでは2000万円足りない」発言以来、一人歩きを続ける「老後2000万円問題」だが、なぜ足りないのか、本当に足りないのか、いや2000万円で足りるのか、どれも「はっきりわからない」という人のほうが多いので…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧