75歳元経営者と35歳子持ちの「年の差婚」義娘、再婚許すが

日本で亡くなる人は、年間130万人。亡くなる人の数だけ相続がありますが、お金が絡む話にはトラブルはつきものです。今回は40歳差の「年の差婚」、その先に潜む相続トラブルのリスクについて、山田典正税理士が解説します。

バツイチ子持ち…婚活パーティで出会ったのは

3人の子宝に恵まれながらも、金使いの荒い夫に悩んでいたというAさん。結局、10年で結婚生活は破綻しました。Aさんが負債をおうことはありませんでしたが、養育費などもらえることなく、離婚後の生活は非常に困窮したといいます。

 

Aさんは結婚後に専業主婦になっていたため、フルタイムで再就職を目指しましたが、職選びに難航。パートタイムの仕事をいくつもかけもちして、なんとか暮らしていく……そんな生活が何年か続いたそうです。疲れ果てたAさん。結婚はこりごりと思っていましたが、再び、結婚に助けを求めるようになったそうです。

 

「婚活パーティに参加することにしたんです。そこで出会ったのがBさんでした」

 

Aさんははにかみます。Bさんは長年連れ添った妻を亡くし、心の穴を埋めるようにパーティに出席したのだとか。Bさんとはすぐに意気投合しましたが、気になったのが歳の差。

 

「Bさんは75歳、私は35歳。年の差が40もあって」

 

Bさんは1代で財を成したやり手の事業家で、すでに経営からは退いていますが、かなりの財産を持っていました。Aさんがそのことを知ったのは、知り合ってからだいぶ経ってから。

 

「Bさんといると穏やかな時間を過ごすことができ、心のよりどころになっていました。それまで会うときは外だったので気づかなかったのですが、ある日、Bさんの自宅に招かれて……あまりの豪邸でビックリしました」

 

周りから見たら玉の輿…(※写真はイメージです/PIXTA)
周りから見たら玉の輿…(※写真はイメージです/PIXTA)

 

玉の輿などと揶揄する知人もいましたが、その前にBさんの人柄に強く惹かれていたAさん。一方、経済的な面を知らずに自分を慕ってくれるAさんに、Bさんも強く惹かれたのでしょう。ある日、Bさんから正式なプロポーズがあったそうです。

 

「まだ若いあなたの重荷になってしまうかもしれません。それでも、あなたと一緒に生きたいと思いました」

 

そんなBさんのプロポーズに、嬉しいながら戸惑いもあったといいます。

 

「結婚願望があるからこそ婚活パーティに参加したんですが、実際にプロポーズされると『本当に私でいいんだろうか』という考えが頭をよぎってしまって」

 

そんな気持ちを素直に口にすると、Bさんは「焦ることはない」と笑ってくれたそうです。そんな優しさにさらに心打たれて、AさんはBさんと再婚する決心をしました。ただどうしても気になることが。

 

「端からみれば、私なんて、財産目当てにすり寄った女にしか見えないでしょ」

 

【7/2(土)関連セミナー開催】

世界の富裕層が実践「フィリピン・永住権」を活用した最新・資産保全術を限定公開

 

 

アンパサンド税理士法人/アンパサンド株式会社 税理士/経営心理士

大学を卒業後に税理士試験に専念した後、平成20年1月に都内大手税理士法人に就職。 個人や中小同族会社の税務相談や経営周り全般の相談から大手上場企業の税務相談まで幅広い分野で活躍。事業承継、組織再編、連結納税、国際税務、事業再生と多岐に渡るコンサルティング実績がある。また、相続申告業務についても多数の実績を有する。
平成27年1月 山田典正税理士事務所として独立。独立後も、補助金支援において創業補助金採択、ものづくり補助金採択の実績を有し、生産性向上設備投資促進税制の申請支援、資金調達支援、事業承継支援、上場企業の税務顧問等、多数の実績を有する。
平成30年1月、社名をアンパサンド税理士事務所に変更
令和元年10月、アンパサンド税理士事務所より組織変更

著者紹介

連載まさかの「相続トラブル」税理士が解説

※本記事は、編集部に届いた相続に関する経験談をもとに構成しています。個人情報保護の観点で、家族構成や居住地などを変えています。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ