豪州+NZとAPACのM&A事情「実務レベル評価に差異」の理由

オーストラリアとニュージーランド(ANZ)のM&A事業者の多くは、自社や業界全体のM&Aプロセスにおけるデジタル化の成熟度、テクノロジーの洗練度や高度化を「中レベル」と評価していますが、「実務はすでに高レベル」との回答の割合はアジア太平洋地域(APAC)に比較して低いという、特徴的な調査結果が出ました。ANZの自社内のデジタル化を阻むものは何か、分析します。※本記事は、Datasite日本責任者・清水洋一郎氏の書き下ろしです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「5年後も、成熟度や洗練度・高度化は中レベル」

オーストラリアおよびニュージーランド(以下、ANZ)でM&A事業者の大部分は現在、自社や業界全体のM&Aプロセスにおけるデジタル化の成熟度やテクノロジーの洗練度・高度化を中レベルと評価しています。注目すべきなのは、実務がすでに高いレベルにあると答えた人の割合がアジア太平洋地域(APAC)よりも低い点です。

 

特に興味深い点は、5年後においても、ANZの多くの事業者(73%)は自社の成熟度や洗練度・高度化が中レベルのままであると予想しているのに対し、ANZ以外のほとんどの地域では、ほとんどの事業者が高レベルに達することができると考えていました。

 

ではANZにおいて、自社内でデジタル化を阻んでいるものは何なのでしょうか?

 

ANZの多くのM&A事業者は、既存のシステムやセキュリティおよびプライバシー対策への懸念と新たなテクノロジーと統合する際に、最適な人材・専門家がアクセスできるかどうかが、M&Aプロセス関連のデジタルテクノロジー採用における主な課題である述べています。

 

Datasiteの「New State of M&A report - Australia & New Zealand」において、弊社はANZを拠点とする100人以上の事業者を調査し、以下のような質問をしました。

 

●近年のあらゆる進展において、 オーストラリアおよびニュージーランドのM&Aやデューデリ、資産マーケティングプロセスのデジタル成熟度やテクノロジーの高度化はどの程度なのか?

 

●M&Aプロセスは現在どのような状態なのか? テクノロジーや加速するデジタル化が、今後数年で取引決定プロセスをどう変えていくと思うか?

 

このレポートでは、オーストラリア有数の会社法事務所であるGilbert + Tobinと、ニュージーランドで最も経験豊富なPE(プライベート・エクイティ)企業であるPencarrowの事例も特に取り上げられています。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

Datasite  日本責任者

米国で金融、IT、自動車、製造業のマーケティング担当を経て、国内大手IT会社やSIerで金融ITソリューションなどの営業・マネジメントに20年以上従事。

カントリーリスク管理やマクロ経済学の知識を生かし、様々な国内外資系企業のコンサルティングを経験。

現在、Datasite日本法人の代表として、日本市場における事業開発や事業拡大を統括している。

著者紹介

連載世界のM&A事情を熟知するDatasiteが発信!最も新しい「M&A」動向

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!