若くして新社長に就任した「娘婿」が社内を混乱させた失敗例

日本の中小企業では「後継者不足」が問題になっており、「事業承継」は有効な対策の一つです。今回は、先代社長の急逝後、若くして新社長に就任した娘婿が社内を混乱させた失敗例から、事業承継を成功に導くヒントを解説します。※本連載は、中野公認会計士事務所の著書『失敗しない理由がある 事業承継の成功例失敗例』(中央経済社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

バブル崩壊で不良債権を抱えるも、回復途中の建設会社

建築・土木等建設工事を請け負う総合建設業の綾部建設は、創業以来、高い技術力と強い営業力を武器に近畿圏を中心に事業を展開しており、公共事業をはじめ地域社会のインフラを整備するためになくてはならない重要な役割を果たしている建設会社です。

 

売上高は200億円を超えており、滋賀、大阪、徳島に支店を有し、従業員数は100名を超える優良中堅建設会社でした。バブル期にかけて円高と大幅な金融緩和により、官民併せた建設投資額はピークを迎えました。

 

その頃の綾部建設は、官民からの工事受注はもちろんですが、自ら土地を仕入れて、自らが工事を造り出す造注を盛んに行い、ゴルフ場開発や宅地造成など事業を拡大していきました。しかし、バブル崩壊を機に計画の中断や施工主の破綻、その後の地価も下落を続け、大きな痛手を被ることになりました。

 

現在は、ホテルや東京五輪に向けた再開発に伴う建設ラッシュなど、バブル期以来の繁忙状況が続いており、表面上は順調な経営が続いていますが、バブル期からの地価下落に伴う不良資産の処理が完了しておらず、未だ健全な財務体質の確立までには至っていません。

社長の一人娘と結婚した従業員は「出世頭」

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

綾部建設は、代々創業者一族が事業を承継し、事業を拡大してきました。暗黙の後継者の存在によって企業の長期継続性を示すことができ、その結果、取引先にも従業員にも信頼と安心を与えられたことが事業を拡大できた理由の1つです。

 

しかし、五代目のときには、娘が誕生するも男子には恵まれませんでした。娘の都子は、大学卒業後は一般企業に就職し、綾部建設には就職しませんでした。会社勤めが2年程経過した頃、都子は綾部建設に勤務する従業員であった京介と見合結婚をしました。

 

 

京介は先代が見込んだ従業員の1人であり、30代前半で既に四国エリアを取り仕切る立場にありました。同世代には京介のほかにも有望な人材が数名いましたが、そのなかで京介が出世頭でした。

 

父と娘である都子の関係は非常に良好でしたが、代表者である父は娘に事業を継がせることは考えておらず、都子も事業には関心がなく、専業主婦として、会社の外から京介、または父親をサポートし続けることを望みました。

次期社長候補となった娘婿に、社内では不協和音が…

京介は結婚した翌年に、四国から京都に戻ると同時に役員に就任しました。もちろん、当時は役員のなかでも最も若く、先代の指示のもと課せられた役割を果たしていました。

 

役員に就任して3年目に先代の推挙で専務へと昇進しました。家庭では2人の男の子に恵まれ、仕事も家庭も充実していたように思えます。

 

しかし、役員になり次期社長という目で周囲がちやほやすることに、若さも相俟まって京介は、勘違いをして思い上がるようになり、従業員への対応も横柄になっていきました。これから幹部になろうとする世代では、昨日まで同じ従業員であった京介が、次期社長となったことに対するやっかみや反発があったのでしょう。

 

そのような状況のなか、京介と同世代の優秀な社員が会社から離れていきました。会社に残った幹部候補のなかにも、反発心から身勝手な行動で会社を混乱させる者もいました。

 

また、中堅企業である綾部建設には、複数の実力者が幹部として存在し勢力も拡大していました。先代を補佐する役員級の幹部は、各自がこの会社を引っ張ってきたという自負があります。

 

自分を可愛いがり引き上げてくれた先代には恩義を感じても、自分よりもだいぶ若く血縁関係のない京介が社長になったときに、先代が指名したということで割り切って京介をサポートできるのかどうか自問自答するでしょう。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

1924年(大正13年)、初代の中野清治郎(1897~1993)が、京都にて会計・税務業務の草分けとして会計事務所を開設、現在まで97年の歴史を有しています。

「正確・迅速・親切」をモットーに、税務・会計・監査業務以外にも事業承継コンサルティング、企業再編・再生支援、公益法人会計指導等に取り組んでおります。

「誰もが知っていて、誰からも尊敬される」事務所を目指し、忘己利他の精神で研鑽を続け、多くの顧客の信頼を得ています(写真は、所長で監修者の中野雄介氏)。

著者紹介

連載失敗例から学ぶ「事業承継」成功のカギ

本記事の事例に登場する社名等は脚色したものです。

失敗しない理由がある 事業承継の成功例失敗例

失敗しない理由がある 事業承継の成功例失敗例

中野公認会計士事務所

中央経済社

事業承継は相続税の問題だけではなく、企業経営や組織運営の一部であり、人間心理や文化あるいは価値観を含む総合的なアプローチが求められています。 しかし、人間心理、文化、価値観などは、体系的な説明が難しく、そのあ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧