「20代で家を建てた」全国の10万人は「人生の勝ち組」か?

日本における持ち家率は6割を超え、年齢があがるほどその割合は高くなっていきます。持ち家離れなどと言われていますが、まだまだ「いつかは自分の家を持ちたい」と多くの人が夢見ているのです。もし20代でマイホームが持てたなら……若くして一国一城の主を実現した場合を考えてみましょう。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

「20代でマイホームを実現」は全国で10万人

国土交通省『2020年土地保有・動態調査 (2019 年取引分)』で個人による土地の買主を年齢階級別に見ていくと、「30~39歳」で最も多く、次いで「60~69歳」となっています。

 

■土地取引件数(買主年齢別)

20歳未満:332件(0.0%)
20~29歳:98,329件(10.0%)
30~39歳:332,820件(33.7%)
40~49歳:226,803件(23.0%)
50~59歳:103,361件(10.5%)
60~69歳:108,107件(10.9%)
70~79歳:93,837件(9.5%)
80~89歳:19,549件(2.0%)
90歳以上:3,518件(0.4%)

 

また買主の取引面積で見ていくと、最も多いのが「50~59歳」で1件あたり1619㎡、約490坪となります。

 

■土地取引面積(買主年齢別)

20歳未満:104,693㎡(0.0%)
20~29歳:25,061,494㎡(4.0%)
30~39歳:102,661,293㎡(16.3%)
40~49歳:68,028,556㎡(10.8%)
50~59歳:167,373,972㎡(26.5%)
60~69歳:133,867,138㎡(21.2%)
70~79歳:77,964,536㎡(12.3%)
80~89歳:51,460,264㎡(8.1%)
90歳以上:1,181,336㎡(0.2%)

 

このなかで、20代に注目をしてみましょう。20代の取引98,329件のうち、「宅地」として土地を購入したのは94,936件。約97%と、ほぼ住まいのために土地を購入しています。また購入した25,061,494㎡のうち、宅地として購入したのは43%にあたる10,997,330㎡。1件あたり112㎡、約34坪となります。

 

20代で土地を買う際、初めて家を買う、という人がほとんどでしょう。そのように考えると、1年で約10万人の20代がマイホームを建てている、と考えることができるでしょう。

 

国土交通省『平成30年度住宅市場動向調査』によると、注文住宅(土地を購入し、戸建てを建てる場合)を建てた人の平均年齢は44.1歳。「夢のマイホームを建てました」という全国の10万人あまりの20代は、平均よりもかなり若くして実現させたことになります。

 

同調査によると「購入資金(土地+建物)」平均3970万9500円、「自己資金比率」平均31.2%。仮に29歳で2700万円・35年の住宅ローンを活用してマイホームを建てたとします。当初5年の金利を0.6%、5年目以降は1.5%として計算します。

 

利息分は645万713円、総支払額は3345万713円。月々の返済は、当初5年は7万1287円、5年目以降は8万1038円。63歳で返済が完了する予定です。

 

あくまでもシミュレーションですし、途中に修繕などマイホームの維持費も別途かかってきますから、これだけで判断するのは難しいですが、月の返済額からも無理のない返済プランといえるでしょう。

 

私は20代で家を建てました(※画像はイメージです/PIXTA)
私は20代で家を建てました(※画像はイメージです/PIXTA)

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧