商品開発「お客様の要望」の反映が「在庫の山」を生む深い事情

「お宅の商品は使いにくい」といわれ、改良を目指す商品開発担当者。「サラリーマンになるより会社を興そう!」との声に発奮され、起業家を目指す人。もしかしたら、あなたにその決断をさせた情報とは違う、さらに重要な情報があるかもしれませんよ。安易な判断で取り返しのつかない損失を被る前に、少し立ち止まってみましょう。経済評論家の塚崎公義氏が解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

パチンコ店にいるのは、なぜか「勝っている人ばかり」

パチンコ店に入ると「大勝ちして笑いがとまらない人ばかりで、負けて泣きそうな人はごくわずか」という光景がしばしば広がっています。しかし、それを見て「この店はなんて客に優しいのだろう。きっと自分も勝てそうだ」と思って遊びはじめるのは危険です。あっという間に負けが込んでしまうかもしれません。

 

朝から1000人の客が来ていたとします。そのうちの990人は負けて店を去り、勝っている10人だけが店に残っているのであれば、筆者は11人目の勝ち組になるより、991人目の負け組になる可能性のほうが高いわけです(笑)。

 

パチンコ店であれば「そんなに客に優しい店があるはずがない。もしあるなら、すでに倒産しているはずだ」と思い直し、大損を免れるかもしれませんが、まあ、パチンコ自体を楽しめるなら、多少の損は構わないでしょう。

 

さて、この「パチンコ店には勝っている人ばかり」と同じような認知をすることで、ものごとの裏に潜むリスクに気づけなくなるパターンは多々あります。

 

起業して成功した人が「サラリーマンなんてつまらない、僕みたいに起業して大金持ちになろう!」と学生に語りかけるようなケースが典型的です。

 

もしかすると、起業した1000人のうち、大成功して大金持ちになれたのは100人だけで、残りの900人は失敗して惨めな生活を送っているかもしれません。学生は失敗した人の話を聞く機会がないため、「起業する=金持ちになれる」と誤解してしまう可能性があります。

 

(※画像はイメージです/PIXTA)
(※画像はイメージです/PIXTA)

 

筆者は、起業すべきでないと考えているわけではありません。学生がしっかりリスクとリターンを理解した上で、夢を追いたいというのであれば、応援します。

 

起業の期待値(起業した人全員の所得の平均)はおそらくサラリーマンより上ですし、起業する人がいるから日本経済が発展するわけで、多くの日本人が起業することが日本にとって望ましいと筆者は考えています。ただ、リスクとリターンを誤解したまま起業する学生がいては可哀想だ、と考えているだけです。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

経済評論家

1981年東京大学法学部卒、日本興業銀行(現みずほ銀行)入行。主に経済調査関連の仕事に従事したのち、2005年に退職して久留米大学へ。現在は久留米大学商学部教授であるが、当サイトへの寄稿は勤務先と無関係に個人として行なっているものであるため、現職欄には経済評論家と記すものである。

著書に、『老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識』『初心者のための経済指標の見方・読み方 景気の先を読む力が身につく』(以上、東洋経済新報社)、『なんだ、そうなのか! 経済入門』(日本経済新聞出版社)、『退職金貧乏 定年後の「お金」の話』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』(以上、祥伝社)、『経済暴論』『一番わかりやすい日本経済入門』(以上、河出書房新社)など多数。

趣味はFacebookとブログ。

著者紹介

連載楽しく読めて知識が身につく!初心者にもよくわかる「経済の話」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧