「死ぬまでに財産は使い切りたい」子には遺さず…は非情か?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回は、焦点をあてるのは「遺産に対する考え方」。遺される人のために……みなさんはどのように考えていますか?

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

亡くなった人の10人に1人は相続税申告

国税庁によると、2018年度、被相続人(亡くなった人)は申告ベースで14万9481人、課税ベースで11万6341人。一方で相続人(財産を引き継ぐ人)は申告ベースで36万5440人、課税ベースで30万241人いました。2018年の死亡数が136万人ほどということを考えると、亡くなった人の10人に1人は相続税の申告が必要で、亡くなった1人に対し、2~3人の相続人がいる計算となります。

 

また課税価格は課税ベースで16兆2639億7800万円、相続税額は課税ベースで2兆8027億1400万円。相続人1人あたり、課税価格5400万円に対し相続税額900万円ほどになる計算です。

 

課税価格ごとにみていくと、「遺産が5000万~1億円」という相続人が最も多く、全体の45%強。次に多いのが「遺産が1億~2億円」というパターンが24%弱。次いで「遺産が5000万円以下」というパターンで19%弱。 一方で、「遺産が100億円超」と、一般人の想像を超える相続に遭遇した人は2018年度に43人。このとんでもない人たちは、1人当たり79億円の遺産に26億円の相続税という計算になります

 

――うちの親はそんなに財産をもっていないから

 

そう他人事のように考えている人も多いでしょう。確かに相続税の納付が必要になるには、それなりの遺産がある場合ですが、負債であっても相続は発生するわけですから、まったく相続は関係ない、という人はいないといってもいいでしょう。

 

そんな相続ですが、お金に関わることなので、多かれ少なかれ、トラブルはつきもの。特に相続の内容によって、問題の起きやすさは変わります。国税庁の「相続財産種類別に見た相続税の申告状況」をみてみると、課税価格計19兆3650億460万円のうち、最も金額が大きいのが「土地」で35.1%、「現金、預貯金等」が32.2%、「有価証券」が15.5%と続きます。

 

また被相続人14万9613人のうち、「土地」を遺した人は13万5240人と90%超で、被相続人1人当たりの「土地」の価値は5027万円ほどです。

 

遺産分割では、この土地がやっかいな存在です。相続人の数だけ、同じ数の土地があれば、揉めることはありませんが、そんな奇跡的なことはそうないでしょう。現金化しにくく、分けにくい……相続トラブルで土地が争点になりやすい理由です。

 

\ 注目セミナー/

40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則 4/24(土)開催

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧