地料が年々上昇する「沖縄軍用地投資」狙うべき立地は?

軍用地とは「沖縄などにある在日米軍の基地に使用されている土地」のことをいいます。一般的な不動産と同じように投資ができ、賃料(軍用地料)収入を得たり、売却して値上がり益を得たりすることも可能です。今回は、軍用地に投資する際の「立地条件」について解説します。※本連載は、軍用地コンサルタントの仲里桂一氏の著書『専門家が優しく教える![軍用地投資]の教科書』(扶桑社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

軍用地投資で成功する重要な条件は、「立地の選定」

一般的な不動産投資において最も重要なのが「立地」選びだということは、多くの人が認めているところだと思います。立地は、その物件の入居率を左右するだけでなく、景気の上昇による資産価値の値上がりにも影響するため、買うときも売るときも重要な条件です。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

元アメリカ大統領のドナルド・トランプ氏は、ご存じのとおり“アメリカの不動産王”ですが、彼の名言として「不動産に重要な事柄を3つ挙げると、1に立地、2に立地、3に立地だ」という言葉を聞いたことはないでしょうか。アメリカの不動産王でさえ、不動産投資において立地に勝るものはないと言っているのです。

 

軍用地投資においても立地の選定は重要なポイントです。しかし、現在、軍用地投資はすべての米軍基地において人気が過熱気味です。少額物件の場合、売り物件自体の数が少ないので、ある程度目をつぶらなければ購入はおぼつかないのが現状です。

 

もちろんだからといって、立地について知らずにいていいというわけではありません。

 

軍用地における立地とは、どの米軍基地(施設)なのかということ。結論からいうと、「現状、返還予定がない米軍施設」と「軍用地料の値上がり率の高い“宅地見込み地”」の両方に当てはまる軍用地が「好立地」ということができます。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

軍用地投資コンサルタント

1973年、沖縄県生まれ。元防衛省沖縄防衛局職員。2018年、防衛省沖縄防衛局を退職し、(株)L&Sコンサルティングを設立。沖縄の米軍基地を中心におよそ20年間、軍用地の管理、取得に携わってきた経歴で、軍用地の裏と表を知り尽くしたプロフェッショナル。軍用地の購入から売却まで年間200件以上のコンサルティング、セミナーを実施にするなど活躍中。また、軍用地投資のビジネス書の先駆者としても多くのファンから支持されている。著書に、『お金持ちはこっそり始めている 本当は教えたくない!「軍用地投資」入門』(すばる舎)がある。

【メディア掲載実績】
NHK、時事通信社、毎日新聞社、朝日新聞社、産経新聞社、琉球新報社、沖縄タイムス社、RBC琉球放送、琉球朝日放送、プレジデント社、東洋経済新聞社、日経ビジネスBP他多数。地方紙等の転載掲載は追い切れず。ヤフーニュースにも転載。

著者紹介

連載元防衛省職員が教える!「軍用地投資」入門

専門家が優しく教える!軍用地投資の教科書

専門家が優しく教える!軍用地投資の教科書

仲里 桂一

扶桑社

知らないと損をする! 約50年間、賃料&価格がずっと右肩上がりの“究極のほったらかし投資" 沖縄の米軍基地の土地を購入して、地料を得る軍用地投資がひそかにブームです。土地の借り手は日本政府なので滞納や空室のリスク…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧