「利食い千人力」と「見切り千両」今でも使われる格言の意味

世の中にあふれる投資の本や投資セミナーの通りに株や債券を買うと損をする人が多い理由について、江戸時代から伝わる相場に関する格言を使って説明します。

「売り」を極めることが株式投資を成功に導く

「売り」も、基本的には「買い」と同じように考えて行動します。つまり、しっかり売るタイミングを見極めて、「売る根拠」があるときには含み益・含み損いずれの状態であっても躊躇なく売るのが大切ということです。

 

ただ、「買い」とは違う点もあります。「買い」の場合は、慎重に買い場を探して最終的に「買わない」という選択肢もありますが、「売り」の場合はすでに保有しているためいつかは必ず売ることになります。根拠もなく、「いつまでも売らないで持ち続ける」という選択肢はあり得ません。

 

買ったものを売ることは、リスク回避のために非常に重要です。この場合のリスクとは、含み益が減ってしまうこと、あるいは含み損が拡大することを指します。売ってしまえば、そこから含み益が減ることもありませんし(増える可能性もなくなりますが)、含み損を抱えている場合にも損失が増えていくことはなくなります。

 

非常によく聞く「売り」の相場格言に、「利食い千人力」や「見切り千両」がありますが、どちらの相場格言も売ることを肯定しています。利食いでも損切りでも、ぐずぐずせずにさっさと売ることは常に正解なのです。

 

とは言え、ただ何も考えずに適当なタイミングで売るだけでは、大きな利益は見込めません。売りに関する相場格言には「利は伸ばせ」というものもあります。上昇した株価がいつ下落に転じるのか、下落するところをしっかり見定めて売ることも大切なのです。そのためには、ローソク足や移動平均線などから「売りの形」を何パターンか覚えておくとよいでしょう。

株式会社アルゴナビス 代表取締役

慶應義塾大学卒業後、1983 年に大和証券入社。
ソシエテジェネラル証券、マネックス証券等を経て、2014年5月より株式会社アルゴナビスの代表取締役に就任、株式スクールを開校する。日系証券と外資証券、ネット証券で広く営業やディーラーを経験したことによる高い専門知識と、「江戸の米相場」の独自研究に基づいた相場観測や投資戦略で多くの投資家の成功をサポートしてきた。
CS テレビ「日テレニュース24」「日テレニュース24TOKYO」、MX TV・三重テレビ放送ネット「TV ストックボイス生中継」出演。オンラインコラム「ダイヤモンドザイオンライン『株』のとれたてニュース」、「辛口放談」連載中。『江戸の賢人に学ぶ相場の極意』(パンローリング)『DVD でわかる! 儲かる株価チャート集中セミナー』(ナツメ出版)ほか多数の著書あり。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

本記事は、『「江戸のウォーレン・バフェット」に学ぶ 常勝無敗の株投資術』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。

「江戸のウォーレン・バフェット」に学ぶ 常勝無敗の株投資術

「江戸のウォーレン・バフェット」に学ぶ 常勝無敗の株投資術

清水 洋介

幻冬舎メディアコンサルティング

「どうもうまくいかない」「なかなか儲からない」これこそ株式投資で誰もが必ず直面する問題……。 そんな悩みを解決すべく、時代を超えても通用する、先人たちの投資成功術をまとめた一冊。 どんな時代にも通用する「株式投…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧