株主優待がきっかけでも「キャピタルゲイン」を狙うべき理由

株主優待制度はわかりやすく、これから株を始める人にとって魅力的なきっかけですが、株式投資ではもっと効率的に「お金に働いてもらう」方法があります。本連載は、「相場の福の神」として知られる藤本誠之氏の著書、『上がる優待株を買いなさい』(自由国民社)の中から一部を抜粋し、さらに一歩踏み込んだ「上がる優待株」の見つけ方を伝授します。

株式投資の魅力は「キャピタルゲイン」による利益

多くの証券会社のサイトには、優待利回り検索機能が用意されています。この機能を使うと、優待利回り0.5〜1%の銘柄が204銘柄と、一番多いことがわかります(2015年4月末現在)。

 

 

確かに、現在の銀行の金利よりは高い利回りですが、優待と配当のインカムゲインだけを狙っていると、株価が下がってトータルの利益が目減りしてしまうリスクが常につきまといます。

 

株式投資の魅力はキャピタルゲインによって、利回り以上の利益を得られる点にあります。ですから、株主優待だけを目当てに割高な銘柄や成長性に乏しい銘柄を買ってしまう「株主優待バカ」にならないためには、今後大きく成長可能な銘柄や、割安に放置されている銘柄を選別する必要があります。

株価が上がる銘柄の探し方は2つ

私は、株式投資においてキャピタルゲインで儲けるには、2つの投資手法があると考えています。

 

ひとつは、成長余力が大きい銘柄に投資を行い、その企業が成長したところで利食い(利益を確定する)を行う「成長(グロース)株投資法」です。

 

今は少し割高に見えても、今後の成長が見込まれる「成長株」を探し、「この銘柄であれば、中・長期的な成長余力がある」と確信を持てる銘柄に絞って投資します。銘柄を見極めたら、テクニカル分析で25日移動平均線が上向きのタイミングを見計らって、何度かに分けてたくさん買うのがよいでしょう。そして、これ以上の成長は見込めない、または十分に株価が上昇したと判断したら、売って値上がり益を確定するのです。

 

 

もうひとつの投資法は、何らかの理由で割安に放置されている「割安株」を探し、投資を行い、その割安さが是正されるタイミングで利食う「割安(バリュー)株投資法」です。

 

割安株を一定の基準を設けてふるいにかけて選定し、リスクを分散させるためにいろいろな銘柄に分散して買うのがよいでしょう。

財産ネット株式会社 企業調査部長

「相場の福の神」と呼ばれるマーケットアナリスト。
年間200社を超える上場企業経営者とのミーティングを行い、個人投資家に真の成長企業を紹介している。「まいど!」のあいさつ、独特の明るい語り口で人気。日興證券、マネックス証券、カブドットコム証券、SBI証券などを経て、現在は、財産ネット株式会社の企業調査部長。
ラジオNIKKEIで3本の看板番組を持ち、その他テレビ出演、新聞・雑誌への寄稿も多数。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジストAll About株式ガイド。
著書:『難しいことは嫌いでズボラでも 株で儲け続けるたった1つの方法』(SBクリエイティブ)など

著者紹介

連載株式投資初心者にもオススメ!上がる優待銘柄の探し方

本連載は、2015年6月17日刊行の書籍『上がる優待株を買いなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

上がる優待株を買いなさい

上がる優待株を買いなさい

藤本 誠之

自由国民社

「相場の福の神」が教える利益を出す優待投資の方法! 株主優待制度と企業のホンネを知り尽くした著者が、値上がり益とオトクな優待を両取りする方法を伝授。株主優待の基本から株主の目を引く優待例、情報収集法、上がる優待…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧