結論!年金の「繰上げ受給」と「繰下げ受給」はどっちが得か?

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。定年後の避けては通れない課題は「お金」「健康」「生きがい」。これが定年後の3大リスクです。この「3大リスク」をうまくクリアできれば、第二の人生をバラ色にすることがきます。本連載は長尾義弘・福岡武彦著『定年の教科書 お金 健康 生きがい』(河出書房新社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

やるやらないは別!公的年金を増やす方法

老後の生活を豊かに過ごして、しかもお金の心配をしないですむ方法に、公的年金を増やす方法があります。

 

「年金を増やすなんて無理でしょう?」と疑う声が聞こえてきそうですが、じつはできるのです。

 

定年後も再雇用などをして厚生年金に加入して長く働くことで、年金の受取額を増やすことができます。

 

年金受給の手続きは、65歳以降に「老齢基礎年金・老齢厚生年金 支給繰下げ申出書」を提出しなければならないという。(※写真はイメージです/PIXTA)
年金受給の手続きは、65歳以降に「老齢基礎年金・老齢厚生年金 支給繰下げ申出書」を提出しなければならないという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

また、60歳で退職をしたとしても、国民年金の払込期間が40年に満たない場合は、「国民年金に任意加入」して、年金を増やすことも可能です。

 

さらに年金額を増やす方法としては、繰下げ受給があります。この繰下げ受給というのはとてもお得な制度なので、ぜひ活用していただきたいと思います。

 

それでは、年金の繰下げ受給と繰上げ受給について、詳しく解説をしていきましょう。

 

「繰上げ受給」のデメリットは大きい

 

公的年金は65歳で受け取るものだと思い込んでいませんか。

 

じつは、60歳から70歳までの間の、自分が望む時期に受け取れるのです(2022年4月より75歳に延長)。65歳より前に受け取る方法を繰上げ受給、65歳を超えてから受け取る方法を繰下げ受給といいます。

 

「だったら、60歳からもらったほうが得だ!」と思った方、それはとんでもない誤解です。

 

繰上げ受給を選ぶと年6%が減額され、減額された年金額が一生涯続きます。60歳で受給を開始すると、30%もの減額です(2022年4月からは年4.8%の減額、60歳支給開始で24%の減額に変わります)。そして、繰上げ受給は早く受け取れるぶん、最初のうちは得になりますが、途中から損になります。その損益分岐点は約77歳です。77歳以降は、差がどんどん広がっていきます。

 

そのほかにもデメリットがあります。繰上げ受給をすると、障害年金や寡婦年金を受け取ることができなくなります。また、遺族年金と併用では受け取れないため、どちらか一方を選ぶ必要があります。そして、一度繰上げ受給を選択してしまうと、途中で変更はできません。

 

どうしても生活が成り立たないという状況でなければ、繰上げ受給は避けたほうがいいでしょう。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】希望日時で対応(平日のみ)
富裕層の税金対策資産運用の悩みを一挙解決!
「日本一富裕層に詳しい税理士」による無料個別相談セミナー

詳しくはこちら>>>

ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

著者紹介

株式会社ライフエレメンツ代表取締役
税理士

大前研一氏が設立した起業家・アントレプレナー育成学校アタッカーズ・ビジネススクールを経て、以来30年以上にわたってアントレプレナー支援、インバウンド税務会計に携わっている。大手監査法人KPMGの金融・国際取引税務部、米国海外勤務、外資金融企業勤務を経て三聖トラスト会計事務所を設立。法人向けサービスとして、各分野の辛口の専門家をタレント化するプロダクション部を設ける。また、福利厚生や社員研修の一環として、オンデマンド研修、ビデオコンテンツ制作等をおこなうWEBライブイルミネーター事業を展開している。

著者紹介

連載定年後は余生ではない…愉しい老後ライフを手に入れる心構えと知恵

定年の教科書 お金 健康 生きがい

定年の教科書 お金 健康 生きがい

長尾 義弘 福岡 武彦

河出書房新社

「人生100年時代」といわれています。22歳から65歳まで現役で働いていた時間よりも、定年後の時間のほうが長いのです。第二の人生を余生などと思っていると、大変なことになります。 この長い時間を生きるのに、年金だけの「…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧