高利益体質に変わった企業が「とりあえずやった1つのこと」

人手不足、減らない残業、かさむ人材採用コスト…中小企業の経営課題は尽きることがありません。そんななか、これらの課題を一気に解決できると注目を集めているのが「RPA」(ロボティック・プロセス・オートメーション)。しかし導入率は未だに低く、失敗する企業が少なくありません。導入に失敗する企業、成功する企業の違いは何でしょうか? 事例とともに解説します。※本連載は田牧大祐氏、佐々木伸明氏の共著『中小企業経営者のための「RPA」入門』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

無料メルマガ登録こちら
医師の方はこちら

月1回でも負担大…従業員が訴えた「ストレスな仕事」

前回の記事『コスト削減・効率化に張り切る企業が「やって後悔したこと」 』(関連記事参照)では、中小企業がRPAを導入する際、最初に効率化やコスト削減を目的としてはいけないと述べました。しかしそう簡単に納得できない方もいらっしゃるでしょう。そこで、これを裏付ける事例を紹介したいと思います。

 

6店舗の小売店を運営しているZ社(仮称)では、「人件費率推移表」という売上高、原価、粗利益、人件費、労働分配率の推移をモニターするためのレポートがあり、筆者の会計事務所で作成しています。これは会計データや給与データから必要数値を算出し、売上高推移と人件費推移などを計算してレポートにするもので、店舗ごとに毎月集計しています。

 

Z社から受け取った各店舗の月次決算ファイルを開いて、多種多様なデータをExcelシートに転記すればレポートができあがるのですが、1店舗ならまだしも6店舗分なので、単調で面倒な一連の転記作業を6回繰り返すことになります。入力ミスがあれば、どこで間違えたかをチェックしてやり直します。また6店舗分のファイルが届くまで待っていなければなりません。毎月1回1時間半程度の作業ですが、月初の早い段階での提出が求められており、担当者にとってはかなりのストレスでした。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

担当者がストレスを感じたことはそれだけではありません。作業手順を知っているのは一人の担当者だけなので月初に休めません。ほかの従業員にも業務の内容と手順を知ってほしかったのですが、退職や休職をするというのならともかく、そうでなくても忙しい同僚に時間を取ってもらう口実がありませんでした。

 

1年ほど我慢して続けたのですが、上司にRPAに代替できないかと相談しました。しかし月に1時間半程度の仕事です。費用対効果を前提にすると、ロボット化の対象にはなりませんが、ただ従業員のストレスが削減できればいいと考え、RPAに代替しました。

費用対効果より「ストレス削減」を優先した結果…

ロボットの作成にどれだけ時間を要するか気になっていましたが、人件費率推移表の業務とほぼ同じ、約1時間でできました。実際に動作してみると、1時間半かかっていた業務が1分弱で終わりました。

 

それだけではありません。これまで担当者は、6店舗の月次決算書類が届くのを待っていましたが、この業務専用のフォルダに、できた月次決算書類を保存してもらう運用に変えました。

 

これにより、6店舗のファイルがそろうと、自動でロボットが起動し、処理が終了すると、ロボットが担当者にアラートを送る設定にしたのです。担当者の仕事はアラートを受け取ったら、処理結果を確認するだけになりました。ロボットは入力ミスをしないので、やり直すことは皆無となりました。

 

きっとこのロボットは、効率化を目指していたら、永久に作られなかったでしょう。わずか1時間半の時間削減ですから、そのためにRPAツールの導入というのは割に合いません。ですが、このロボットを作る時間も1時間です。担当者をストレスから解放しただけでなく、年間にすると18時間、3日近くの時間が生まれたことになります。

中小企業が導入すべきRPAは「1人を助けるロボット」

結果として、Z社の担当者が得たものはなんでしょうか。業務自体はロボットに引き継がれたので、担当者は、この業務に関するストレスがなくなり、また人への引き継ぎ業務が不要になりました。ムダな作業である転記がなくなり、空いた1時間半を、価値を生む作業に使えるようになりました。さらに月初の休暇が取りやすくなりました。今後は誰もこの単調な仕事をすることはありません。

 

つまり筆者が中小企業の課題解決策として述べた、苦手な仕事や価値を生まない仕事から人を解放することが、この業務に関してはすべて実現したわけです。

 

筆者はこのように、ある個人をストレスから解放し、休みを取りやすくし、単調な作業から解放してやりがいのある仕事に時間を割けるようにするロボットを「1人を助けるロボット」と呼んでいます。

 

これを業務の洗い出しと費用対効果測定から始まる一大プロジェクトとして始めていたら、このような成果を得るまでに膨大な時間がかかっていたと思います。しかし、この事例では、RPAツールの選定などにかける時間を除けば、ロボットの作成時間である、わずか1時間が費やされたのみです。

 

中小企業では、「1人を助けるロボット」を次々と作っていけばいいのです。そうすれば、結果として数ヵ月程度でRPAへの投資を早々に回収でき、結果として生産性が向上し、労働分配率が低くなり、利益体質の強い企業へ生まれ変わるはずです。

 

************************

<RPAで変わる中小企業の業務例【図表】>

 

【図表】RPAで変わる中小企業の業務例

 

【導入の結果…】

●人のストレスが減る

●入力ミスがなくなる

●ロボットなので労働時間に制約がない

●休暇がとりやすくなる

●引き継ぎの業務が減る

●作業スピードが早くなる

************************

 

 

田牧 大祐

株式会社 ASAHI Accounting Robot研究所 CEO

 

佐々木 伸明

株式会社ASAHI Accounting Robot研究所 CTO

 

 

【5月開催のセミナー】

 

【5/12開催】「遺言書」で「思い通りの遺産分割」を実現する相続対策

 

【5/14開催】年10%利回り10年間保証「ベトナム・リゾートホテル投資

 

【5/14開催】第1期・2期完売「三軒茶屋・不動産小口化」第3期最新情報

 

【5/15開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

【5/15開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ2021

 

【5/15開催】利回り20%売却益2千万円獲得!中古1棟アパート投資

 

【5/16開催】<家族信託×都心不動産投資>で実現する最新相続対策

 

【5/21開催】元国税調査官の税理士が教える最新相続対策

 

【5/23開催】土地活用賃貸経営で「持ち余し物件」収益化計画

 

【5/25開催】相続トラブルに備える「不動産・生前整理」のススメ

 

【5/29開催】国も認めた「レスキューホテル」社会貢献で利回り8~9%

 

※ 【5/30開催】社会貢献×安定収益「児童発達支援事業」の魅力

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社 ASAHI Accounting Robot研究所 CEO

ゼネコン勤務を経て、1999年に中央監査法人入所。
2007年旭会計事務所入所。
2011年税理士法人あさひ会計を税理士3名で共同設立。

2019年に株式会社ASAHI Accounting Robot研究所を立ち上げ、RPAを駆使したFull Auto Journalの全社導入にむけて活動中。

税理士法人あさひ会計 統括代表社員、公認会計士、税理士。

著者紹介

株式会社ASAHI Accounting Robot研究所 CTO

大手保険会社でSEを担当後、外資系企業勤務を経て、グローバルコンサルティングファームでITコンサルタントとして業務改革を多数支援。

税理士法人あさひ会計入社後は、RPAを始めとしたIT、クラウドサービスを活用した業務の効率化を推進。

著者紹介

連載中小企業経営者のための「RPA」入門~RPA導入を成功させる方法~

中小企業経営者のためのRPA入門 RPA導入を成功させる方法

中小企業経営者のためのRPA入門 RPA導入を成功させる方法

田牧 大祐

佐々木 伸明

幻冬舎メディアコンサルティング

人材不足に悩む中小企業経営者が今読むべき一冊。 生産性向上の有効な手段であるRPA ――その概要と導入方法を分かりやすく解説! 中小企業の経営者にとって、コスト削減、業務効率化は重要な課題であり、そのための策を…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧