『新世紀エヴァンゲリオン』の世界と現代社会の「決定的な差」

こんな人材が日本にも欲しかった。オードリー・タン。2020年に全世界を襲った新型コロナウイルスの封じ込めに成功した台湾。その中心的な役割を担い、世界のメディアがいま、最も注目するデジタルテクノロジー界の異才が、コロナ対策成功の秘密、デジタルと民主主義、デジタルと教育、AIとイノベーション、そして日本へのメッセージを語る。本連載はオードリー・タン著『オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る』(プレジデント社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

NEW!! 【医師限定】オンライン対話型セミナーはこちら

NEW!! 富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集」はこちら

AIが勝手に車を運転し始めるということはない

前回はディープラーニングは睡眠学習に似ているという話をしました。

 

ディープラーニングをどう社会に位置づけるかを考える

 

とはいえ、私も一日中夢を見ているわけではありません。目は覚めますし、いずれは自分の結論を他の人たちと共有しなければなりません。自分自身で「Fast、Fair、Fun」の結論に満足したら、衛生福利部や外交部に対し、私が思いついた三つの言葉が彼らの要求を非常に正確に描写しているものであると納得させなければなりません。

 

この場合、政務委員であるからといって、「夢で見たから」という理由で押しつけることはできません。この三つのキーワードについて、それぞれ例をきっちりと挙げ、明確に説明できることを証明しなければならないのです。「Fast、Fair、Fun」というキーワードと、実際に発生した事実をブリッジするのが私の役割です。

 

たとえば、台湾のコロナ対策における「Fair =公平」とは、マスクの実名制での販売を指しますが、「公平」という概念と「マスク販売」という事実をつなぐ必要があります。「公平」という抽象的な概念だけを語るだけでは意味がないのです。マスクの公平な分配とは、どういうことかを説明しなければなりません。

 

「ブリッジ」という概念によって、私自身でもどうやって出てきたかわからない「Fast、Fair、Fun」というキーワードと私のニューラル・ネットワークにおける入力層の間に新しいリンクを作り、説明責任を果たしていく。それこそが私に求められるアカウンタビリティ(説明責任)なのではないかと思います。

 

オードリー・タン 台湾デジタル担当政務委員(閣僚)
オードリー・タン 台湾デジタル担当政務委員(閣僚)

 

目覚めているときには、政務委員としての仕事を行いますが、寝ているときには、そうした作業はできず、「Fast、Fair、Fun」を生み出すだけです。これと同じ道理で、ディープラーニングを用いるのであれば、最終的に「Fast、Fair、Fun」のような「ラベル」を見つけ出しても、その「ラベル」について説明責任を果たせるような何らかの方法を開発する必要があります。

 

他人の気持ちを感じることが苦手な人もいます。平気で悪事を働くような人は「良心がない」と言われることがあります。他人が不快に思うことを感じることができないというのは、機械だけの特質ではなく、人間の中にはそうした気質を持つ人もいるということです。それと同じ意味で、「社会が安全で住みよいものになるためには、どれだけのプロセスが必要なのか」ということを考えなければなりません。

 

トラックの運転免許を持っていない私が、トラックに乗ってエンジンをかけてしまわない方法を、私たちの社会は全力で考えてくれています。これは非常に重要なことです。戦車を運転する権限がない人が戦車を運転することのないように、社会は慎重な努力を払う必要があります。

 

社会を大規模に破壊するようなもの、重大な被害を与えること、たとえば「虫の居所が悪いから」と言って核爆弾のボタンを押してしまうようなことに対して、社会はそれを防ぐための高い基準を設けています。ディープラーニングも同様です。それは人間社会が前進していくうえでの補助的な役割、あるいはナビゲーションの役割を果たすものであり、AIが勝手に車を運転し始めるということはありえないのです。

 

【オンライン開催(LIVE配信)】希望日時で対応(平日のみ)
富裕層の税金対策資産運用の悩みを一挙解決!
「日本一富裕層に詳しい税理士」による無料個別相談セミナー

詳しくはこちら>>>

台湾デジタル担当政務委員(閣僚)

1981年台湾台北市生まれ。幼い頃からコンピュータに興味を示し、15歳で中学校を中退、プログラマーとしてスタートアップ企業数社を設立。19歳のとき、シリコンバレーでソフトウエア会社を起業。2005年、プログラミング言語「Perl6(現Raku)」開発への貢献で世界から注目。同年、トランスジェンダーであることを公表し、女性への性別移行を開始する(現在は「無性別」)。2014年、米アップルでデジタル顧問に就任、Siriなど高レベルの人工知能プロジェクトに加わる。2016年10月より、蔡英文政権において、35歳の史上最年少で行政院(内閣)に入閣、無任所閣僚の政務委員(デジタル担当)に登用され、部門を超えて行政や政治のデジタル化を主導する役割を担っている。2020年新型コロナウイルス禍においてマスク在庫管理システムを構築、台湾での感染拡大防止に大きな貢献を果たす。

著者紹介

連載「政治を、経済を、未来を変える」デジタルとAIの未来を語ろう

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る

オードリー・タン

プレジデント社

2020年に全世界を襲った新型コロナウイルス(COVID‐19)の封じ込めに、成功した台湾。その中心的な役割を担い、2020年新型コロナウイルス禍においてマスク在庫管理システムを構築、台湾での感染拡大防止に大きな貢献を果たす。…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧