継ぎたくない…社長の息子が「親の敷いたレール」を嫌うワケ

後継者がいない、将来、事業を維持できるか不安…。このような悩みを抱えている経営者が増えています。大切に育ててきた会社を承継する人が身内や社内にいない場合、選択肢として考えられるのがM&Aです。しかし、日本ではM&Aについてマイナスイメージをもつ人が多く、M&Aの本来の意義や内容が十分に浸透しているとはいえません。本連載では篠田康人氏の著書『まんがでわかる 実録!中小企業のM&A』(幻冬舎MC)より一部を抜粋し、M&A成功の秘訣を解説します。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

わが子に後を継いで欲しい…デメリットはあるのか?

 

「自分が心血を注いで育てた会社をわが子に継いでほしい。願わくは、自分がこの世から去ったあとも末永く“家業”として継続・発展させていってほしい」

 

社長がそう思う気持ちは自然なものです。かつては経営者に子がいれば、その子が後を継いで次代の社長になることが当たり前だと考えられていましたし、今でもそれが当然だと考えている経営者は、少なくありません。(この記事のマンガを読む:創業社長、息子に渾身の土下座「会社を継いでくれ!」の末路

 

しかし残念ながら、現在ではその考えが通用しないことが多くなりました。

 

まず、当然ながら人にはもって生まれた資質や性格による向き不向きがあります。経営者の子だからといって経営者に向いた資質をもつとは限らないのです。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

それにもかかわらず、以前は子が後継者になるのが当たり前だったのは、親も子も、今よりも「家」の意識が強かったこと、また、子以外に後継者を探すルートが今ほど存在していなかったことなど、さまざまな理由があるでしょう。

かつては、会社経営のハードルが現在と比べて低かった

なかでも1つ指摘しておきたいのは、かつての日本では、会社を経営して成長させていくことのハードルが、現在と比べれば低かったであろうという点です。それは、国内人口が増加基調にあり多くの業種で市場が成長し、国全体が高いGDP成長を続けているという追い風があったためです。

 

しかし、読者の皆さまがご承知のとおり、今はそんな時代ではありません。

 

日本経済全体のGDP成長率はごくわずかで、ほぼ横ばいで推移。そして、すでに人口減少社会に突入し、これからは多くの業種・業態で国内市場が縮小の一途をたどります。では、海外に進出すればいいかといえば、それには語学スキルをはじめ、国内展開以上の高度なスキルが求められます。

 

低成長、人口減少、市場縮小の逆風が吹き続けるなかで、既存の事業や会社を成長させていくためには、経営者にはより高い能力、資質が求められています。場合によっては、既存事業での成長を諦めて、新しい事業分野へ挑戦することが必要かもしれませんが、それは創業するのと同じようなチャレンジになります。そのため、後継経営者にも、創業経営者と同様の高い能力が求められるようになっているのです。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

名南M&A株式会社 代表取締役

1973年生まれ。中小企業診断士/宅地建物取引士。

中小企業向けコンサルティングの経験を活かし、2001年から中小企業M&Aを支援する東海地区最古参M&Aプレイヤー。これまでのM&A支援実績は100件以上。経験に裏付けられたコンサルティングと持ち前の情熱で、中小企業経営者のM&Aを力強く支援する。座右の銘は「人間一生勉強」。

著者紹介

連載事例で学ぶ!「中小企業のM&A」成功の秘訣

まんがでわかる 実録!中小企業のM&A

まんがでわかる 実録!中小企業のM&A

篠田 康人

幻冬舎メディアコンサルティング

「後継者がいない」 「事業再生しないと生き残っていけない」 「将来、事業を維持できるか不安」 このような悩みを抱えている経営者が増えています。 大切に育ててきた会社を承継する人が身内や社内にいない場合、選択…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧