都道府県「相続争い」ランキング…最も裁判沙汰が多い県は?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点を当てるのは「相続争い」。仲の良い家族だったのに……裁判沙汰でめちゃくちゃに。そんな相続トラブルが多いところはどこでしょうか?

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

寄付について知りたい→「寄付・遺贈寄付特集」を見る>>>

相続の9割は「土地」が絡む…だから揉める

「相続なんて、金持ちの話でしょ」

 

そう思っている人は多いですが、そもそも相続は「ある人が亡くなったとき、その人の財産を引き継ぐ」ことであり、財産は金銭や不動産に限らず、権利や義務も含みます。亡くなった人が負債を抱えていて、ひと悶着……ということも珍しくありません。人が亡くなれば、何かしら相続が発生すると考えれば、誰もが関係するといっていいでしょう。

 

お金が関われば人も変わる(※画像はイメージです/PIXTA)
お金が関われば人も変わる(※画像はイメージです/PIXTA)

 

そのうえで、相続税の納税義務がある人がどれくらいいるかといえば、国税庁の統計によると、亡くなった人の10人に1人の割合。そして亡くなった人1人あたり、2~3人の相続人がいる計算です(関連記事:『遺産総額100億円超!驚愕の相続に直面した人は、全国で何人?』)。

 

相続人が1人であれば、揉めることはないでしょう。負債などあった場合でも、問題にはなるかもしれませんが、よく聞く、壮絶な遺産相続争いということにはならないはずです。

 

お金が絡む話を複数人でするわけですから、揉めるなというほうが難しいのかもしれません。

 

そもそも揉める原因はいろいろありますが、ひとつは遺産の内容にあります。国税庁の「相続財産種類別に見た相続税の申告状況」をみてみると、課税価格計19兆3650億460万円のうち、最も金額が大きいのが「土地」で35.1%、「現金、預貯金等」が32.2%、「有価証券」が15.5%と続きます(図表1)

 

出所:国税庁「平成30年度統計年報」より作成
[図表1]相続税申告状況 出所:国税庁「平成30年度統計年報」より作成

 

被相続人(亡くなった人)14万9613人のうち、「土地」を遺した人は13万5240人と90%を超えます。相続税が発生する相続の大部分に、何かしら「土地」が絡んでくるわけです。そして被相続人1人当たりの「土地」の価値は、5027万円ほどとなっています。

 

一方「現金」は被相続人1人当たり4194万円、「有価証券」は被相続人1人当たり3047万円。現金であれば、相続人の人数に合わせて分ければいいですし、有価証券も現金化すれば、相続人の人数で分けやすそうです。では土地はどうでしょうか。

 

\ 7/29(木)開催/

コロナ禍でも「高賃料×空室ゼロ」24時間楽器演奏可能・防音マンション『ミュージションの全貌

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧