算数(数学)の成績が上がらない…それ、「読解力」が原因かも

子どもの成績や授業の理解度を上げたいと考えるのならば、身につけておくべきは「読解力」です。今回は、IQ200以上の子を複数育てた脳科学学習塾RAKUTO代表の福島美智子氏と、株式会社らくと教務部コンテンツ開発課課長・福島万莉瑛氏の共著『AI時代の小学生が身につけておきたい一生モノの「読解力」』(実務教育出版)より一部を抜粋、再編集し、国語だけでなく、算数/数学の成績向上に読解力が必要不可欠な理由を解説します。

NEW 【オンライン開催(対話型セミナー)】
【医師限定】
勤務医のための「はじめての不動産投資」
詳しくはこちら>>>

 

NEW 【特別企画】
富裕層のための「寄付・遺贈寄付特集
詳しくはこちら>>>

「読解力」獲得のため、小学生のうちに鍛えたい能力

「読解力」は「語彙力+要約力」と言われています。語彙力や要約力は、子どもの頃から身につけることができます。むしろ、小学生の時期に鍛えておきたいものです。

 

「語彙力」とは、たくさんの言葉や単語を使える力のこと。最近、いいことも悪いことも「ヤバイ」と言う人が多くいます。これでは、どう「ヤバイ」のか、何が「ヤバイ」のか相手に伝わりません。違う状況でも、「ヤバイ」「マジで」など同じ言葉ばかりを使っていると、感情に鈍感になったり、状況を深く理解できなくなってしまうことも...。

 

私たちは、言葉にすることで感情や状況をより意識できるようになります。小学生の頃は、感情理解力や状況把握力を育てていく大切な時期。たくさんの言葉を知ることで、自分の言いたいことが細やかに表現できるようになり、「読解力」のアップにつながっていくのです。

「考えをまとめるクセ」をつけることが重要

「要約力」とは、考えをまとめる力のこと。

 

じつはこの要約力。中学生以降に急に磨こうとしても難しいのです。本人自身が意識して直そうとすればできますが、中学生にもなると、親やまわりの言うことを素直に聞かなくなるうえ、自分で直そうとは思わなくなってきます。

 

ぜひ、小学生の時期から、考えていることの要点をまとめて話す習慣をつけたいですね。

国語だけでなく、算数の学力も読解力と直結している

そもそも、「読解力」は国語の成績を上げるために必要なもの、と思っている人が多いのではないでしょうか。しかし実際には、「読解力」は算数や数学など一見関係がなさそうな教科の学力にも影響を与えているのです。

 

算数にも「読解力」が必要!?(画像はイメージです/PIXTA)
算数にも「読解力」が必要!?(画像はイメージです/PIXTA)

 

図表は、ベネッセ教育総合研究所による、国語と算数/数学のバランスと「読解力」の関係です。「読解力」の偏差値が高い場合は、国語と算数(数学)のどちらの成績もよく、「読解力」の偏差値が低い場合は、どちらの成績も悪くなっています。

 

[図表]国語・算数/数学のバランスと「読解力」の関係

 

「読解力」と国語・算数(数学)の成績に密接な関係があることがわかりますね。つまり、国語・算数(数学)の成績を上げたければ、「読解力」を磨いたほうがいいのです。

 

では、「読解力」とそれぞれの教科は、具体的にどのような関係があるのでしょうか。

 

脳科学学習塾RAKUTO 代表

20年以上、脳科学・心理学をベースにした児童向け教材開発に携わり、オリジナルの教育メソッドDMSK法を開発。ディスカッション(D)、マッピング(M)、速読(S)、高速リスニング(K)を取り入れた授業で、地頭力、天才脳が育つ子が続出。6年間で9校舎まで育てあげる。「ずっと通いたくなる」「楽しい環境のなかで天才脳が育つ」とクチコミで評判を呼び続け、RAKUTOに通う生徒の継続率は96%。また、平均25%といわれている中学受験の第一志望合格率は90%以上を誇り、麻布、開成、渋谷教育学園渋谷、筑波大学附属、甲陽学院など、超難関校にも合格者を多数輩出している。大人になっても生きるホンモノの才能が開花することも多く、小学2年生で発明工夫展や美術展に入賞した子、小学3年生でIQ200を越えた子、小学4年生で英検2級に合格した子など、幅広い分野で子どもたちの才能の芽を育てている。著書に『最強の子育て』(すばる舎)がある。

著者紹介

株式会社らくと教務部コンテンツ開発課 課長

慶應義塾大学文学部人文科学科にて、神経心理学を専攻し、卒業。その後、University of Oregon Educational Foundations(オレゴン大学教育学部)にて、小学生向けの教育学や課題解決型学習について専門的に学ぶ。

卒業後、カナダ・バンクーバーにて日本と世界基準の小学生・中学生向け英語指導資格等を取得。日本における英語教育指導のプロフェッショナルとして活躍。現在は、株式会社らくとの英語コンテンツ制作、カリキュラム開発に従事。受験・学習指導により、慶應大学SFC、学習院大学等への合格、開成や筑波大学附属などの生徒の成績アップを実現し、保護者より評価を得ている。自身も、らくと式速読術を身につけ、1冊5〜10分で読破。速読を短期間での英語の習得にも生かし、留学後1年ほどで、ネイティブの倍くらいのスピードで読了できるようになった。執筆、講師としての仕事等にも生かし、高いパフォーマンスを発揮している。

著者紹介

連載子どもの可能性を最大限に伸ばす「読解力」の身につけ方

AI時代の小学生が身につけておきたい一生モノの「読解力」

AI時代の小学生が身につけておきたい一生モノの「読解力」

福島 美智子 福島 万莉瑛

実務教育出版

「AIってよくわからないけど、子どもの将来が心配…」「これからの教育は、どうなるんだろう…」「親として、子どもに何をしてあげればいいのか…」。親のみなさんが不安になるのも当然です。そんなAI時代に、小学生のお子さん…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧