日本人の平均貯蓄額に絶句…資産形成にスペイン不動産はどう?

新型コロナウイルス感染の再拡大で、深刻な状況に陥っているヨーロッパ。一方でワクチン接種の現実味が帯び、コロナ禍以降を見越した不動産投資の動きも活発になりつつあります。そんななか、日本人にも人気のスペインの状況はどうなっているのでしょうか。不動産マーケットの現状と見通しについて、現地の弁護士がレポートします。

\10/26(火)緊急開催/インフレ・円安の懸念が急上昇!
資産の一部を「ビットコイン」で持つ、「ビットコイン」を作り出す仕組みを持つ有効性とは?

ランキングは語る「スペインの住みやすさ」

スペインは、移住先ランキングや海外移住者に人気の都市ランキングで常に上位に入っています。

 

たとえば、海外在住者に人気の都市を調査した『InterNations Expat City ランキング2020』によると、人気トップ10の中にスペインの4都市がランクインしました。

 

まず、バレンシアが気候や家賃相場、医療形体などで高評価を獲得し、同ランキングで堂々の1位を獲得しました。この都市に続き、地中海沿いに位置するアリカンテが2位、マラガが6位、そして最後にスペインの首都マドリードが9位にランクインしました。

 

出所:InterNationsより
[図表1]海外在住者「人気の都市」ランキング 出所:InterNationsより

 

 

また、アメリカのレミトリー社が世界101ヵ国を対象に行った各国の移住したい国ランキングでは、101ヵ国中12ヵ国で、スペインの移住を願っている人が多いことが判明しました。世界各国の中で、移住したい国3位にランクインしたのです。

 

人気の理由は前ランキングと同様、医療体制の良さ、治安の安定、生活の質があげられました。

 

出所:Remitly世界で移住したい国ランキングより
[図表2]世界で移住したい国ランキング 出所:Remitly世界で移住したい国ランキングより

 

これらのランキングは、いかにスペインが移住先や投資先に適しているかを表しています。医療体制が整っているほか、生活の質、得に食生活の質はとても高水準です。その証拠に2019年ブルームバーグによって発表された「健康な国指数」ランキングではスペインが堂々の1位を獲得しました。

 

リタイア後、生活の質の向上のために物件を買って移住したり、バケーションなどの長期滞在用に、不動産の購入や賃貸を始めたりしています。賃貸需要が途絶えることはありませんので、「スペインに住んでみたい」という人を対象に賃貸用の不動産物件投資をするのも良いでしょう。

 

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

BBS弁護士事務所 弁護士

1998年にポンペウ・ファブラ大学(スペイン・バルセロナ市)法学部を卒業。2001年に法学大学院を卒業。BBS弁護士事務所に所属。専門は移民法と刑事法。2004年から2008年、バルセロナ弁護士会の顧問メンバー。2007年から2010年までペルー領事館の移民法専門弁護士として活躍。同じ弁護士事務所には不動産弁護士も所属。現在ペルー商工会議所の顧問弁護士も務める。多くの日系企業のお客様、日本人の学生、研究者のお客様の各種ビザ、不動産投資ビザの申請業務、また不動産投資アドバイス、商業、住宅物件も含めた不動産売買の手続きも手がける。
提携先WEBサイト:http://www.takumispain.com/

著者紹介

連載現地の弁護士が分析!スペイン不動産投資のいま

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧