都道府県「クリスマスケーキ」ランキング…最も奮発する県は?

日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、経済、健康、教育など、さまざまな一面がみえてきます。今回、焦点を当てるのは「クリスマス」。明日はいよいよ12月25日。プレゼントやケーキの準備、できていますか?

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

寄付について知りたい→「寄付・遺贈寄付特集」を見る>>>

玩具業界「巣ごもり需要」でジグソーパズルが好調

2020年、コロナ禍により「例年とは違う……」という枕詞がさまざまなところで使われていますが、そのひとつが「クリスマス」。例年であれば、ハロウィンが終わると、店先ではクリスマスのプロモーションが始まり、イルミネーションの点灯式があちらこちらで行われたりと、浮足立った雰囲気でした。

 

今年は、新型コロナウイルス感染の再拡大もあり、自粛ムード。本来のクリスマスは、家族と静かに過ごすものなので、これくらいがちょうどいいのかもしれませんが。

 

いつもとは違うクリスマスといっても、子どもからプレゼントをねだられるのは、親の宿命です(クリスマスプレゼントはサンタがくれるものと、秘密裏で動いている人も多くいると思いますが)。

 

一般社団法人日本玩具協会によると、2019年度、国内の玩具市場規模は8153億円(前年比上代価格97.4%)でした。微減とはなっているものの、過去2番目の大きさ。少子化が進んでいるものの、顕著に推移している業界だといえます。

 

玩具の主要10分野で5225億円。そのなかで最も高い伸びをしてしているのが、ジグソーパズルで前年比116.1%。金額で伸びが大きかったのは、カード・トレーディングカードで、前年比104.9%でした。

 

*ゲーム(一般ゲーム、立体パズル等)、カードゲーム・トレーディングカード、ジグソーパズル、ハイテク系トレンドトイ、男児キャラクター、男児玩具、女児玩具、ぬいぐるみ、知育・教育、季節商品(花火、サマートイ・グッズ等)

 

ジグソーパズルが伸びたのは、「ディズニー」や「鬼滅の刃」「名探偵コナン」など、キャラクターなどのキャラクター人気が顕著だったこと、年度終わりには新型コロナウイルス感染拡大懸念で巣ごもり需要が増加したことが要因だと考えられます。

 

カード・トレーディングカードゲームでは、「遊戯王OCG」や「ポケモンカードゲーム」などが牽引。また男児玩具も前年比103.2%と好調で、発売60周年を迎えた「プラレール」などが売上を伸ばしました。

 

クリスマスの準備、できた?(※画像はイメージです/PIXTA)
クリスマスの準備、できた?(※画像はイメージです/PIXTA)

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!