某企業の経営モデルを看破…財務諸表を読む、比例縮尺図の極意

「会計」はビジネスパーソンにとって必須スキルです。しかし会計の数字に不慣れだと読みにくく、あまりの難解さに挫折してしまう人もいるでしょう。そこで覚えておきたいものが「比例縮尺図」。実在する企業の財務諸表に基づき解説します。※本連載は、矢部謙介氏の著書『粉飾&黒字倒産を読む』(日本実業出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師試験「大学別合格ランキング21」1位自治医科大、最下位は   【無料】メルマガ登録で見る

財務諸表の解読に役立つ「比例縮尺図」とは?

財務諸表というのは慣れないとなかなか読みにくいものです。会計の数字に慣れていない方が財務諸表を読むときに役に立つのが、「比例縮尺図」です。比例縮尺図とは、B/SやP/Lの金額と比例した面積を各科目に割り当て、財務諸表を視覚的に理解できるように工夫した図のことです。

 

この比例縮尺図は、財務諸表からその会社のビジネスモデルの推定を行なったり、同業他社との比較を行なったりするときなどにも活用できます。

 

実際の企業の事例を使って説明しましょう。図表1・図表2は、ファッションセンターしまむらやアベイルといった、ファストファッションを取り扱う小売店を手掛けているしまむらの要約B/SとP/L(2019年2月期)です。

 

[図表1]しまむらの要約連結財務諸表(2019年2月期)① B/S

 

[図表2]しまむらの要約連結財務諸表(2019年2月期)② P/L

 

比例縮尺図をつくる際に気をつけるべきポイントは、B/SとP/Lの縮尺を合わせること(同じ金額が同じ面積で表示されるようにすること)です。こうすることで、B/SとP/Lを左右に並べて比較することができるようになります。

 

この点に気をつけながら、B/S、P/Lを比例縮尺図に落とし込んだものが、図表3です。なお、この比例縮尺図には、図表1・図表2の太枠で囲った項目を反映しています(しまむらのP/Lには特別利益が計上されていないので、比例縮尺図にも登場していませんが、特別利益が計上されている企業の場合には、特別利益も比例縮尺図に反映させる必要があります)。

 

この比例縮尺図をもとに、しまむらのビジネスモデルに関する仮説を考えてみましょう。

 

[図表3]しまむらの連結B/S、P/Lの比例縮尺図(2019年2月期)

流動資産の比重大…「在庫が多いのか?」B/Sから推察

B/Sの比例縮尺図の左側(資産)から見ていきます。まず、流動資産が2250億円となっており、資産において最も多くの割合を占めていることがわかります。しまむらは小売業を営んでいますから、ここには多くの在庫(棚卸資産)が計上されている可能性があります。

 

さらに、有形固定資産が1360億円計上されています。店舗の建物や土地がその多くを占めているのではないかと想定されます。また、小売業の場合、投資その他の資産に店舗保証金が含まれていることが多いため、しまむらでも同様に店舗保証金が計上されているのではないかという仮説が立てられます。

 

次に、B/Sの右側(負債、純資産)に移ります。しまむらでは、負債の割合が極端に低く、純資産が非常に大きな割合を占めています。これは、有利子負債を持たない無借金企業でよく見られるパターンです。おそらく、しまむらでは過去の業績がよく、上げ続けてきた利益を内部留保(利益を配当に分配するのではなく、社内での再投資に回すこと)とすることで、有利子負債を使うことなく経営を行なっているものと推察されます。

「薄利多売のビジネスモデルなのか?」P/Lから推定

続いて、P/Lについても見ていきましょう。しまむらの2019年2月期の売上高は5460億円、費用では売上原価が最も多く、3720億円となっています。しまむらの原価率(売上高に対する売上原価の比率)は68.1%です。小売業の原価率は60〜70%で、アパレル業の原価率は40〜50%と言われているので、低価格戦略を自社の強みとする、しまむらの原価率はアパレル業としてはやや高めです。したがって、薄利多売のビジネスモデルになっていると推定されます。

 

販売費及び一般管理費(販管費)は1490億円で、販管費率(売上高に占める販管費の比率)は27.3%です。この販管費には、店舗で働く従業員の人件費や、店舗の賃借料、広告宣伝費などが含まれているのではないかという仮説が立てられるでしょう。

 

最終的に、税金等を差し引く前の利益である税金等調整前当期純利益(図表3中では税前利益と略記しています)は240億円で、これは売上高の4.4%に相当します。

効率的なローコスト経営を追求するしまむら

続いて、図表1・図表2に戻り、比例縮尺図で想定した仮説を検証していきましょう。

 

[図表1]しまむらの要約連結財務諸表(2019年2月期)① B/S

 

[図表2]しまむらの要約連結財務諸表(2019年2月期)② P/L

 

まず、B/Sの流動資産を見てみると、想定していた仮説とは異なり、商品在庫の金額は510億円とそれほど多くありません。

 

しまむらでは、売上高の1ヵ月分強の在庫しか保有していないのです。ここで思い浮かぶのが、しまむらの「売り切れ御免」のポリシーと高度な自社物流網です。しまむらでは、商品が売り切れてもその商品の追加発注を行ないません。これが、「売り切れ御免」のポリシーです。

 

一方で、ある店舗で商品が売り切れると、日本全国で在庫の残っている店舗から取り寄せる仕組みとなっており、それを実現するためにきめ細やかな自社物流網を構築しています。こうしたしまむらのビジネスモデル上の強みが、商品在庫の金額に表れているのです。なお、流動資産のなかで最も大きな金額を占めているのは、有価証券(1390億円)です。これは、手元資金を運用する目的で保有されている資産です。

 

一方、B/Sの有形固定資産、投資その他の資産、そして負債および純資産に関しては、ほぼ比例縮尺図で立てた仮説どおりになっていることもわかります。

 

P/Lについても、販管費の内訳を中心に見ていきます。販管費のうち、最も大きな金額を占めているのは給与手当(550億円)で、続いて賃借料(330億円)、広告宣伝費(160億円)となっています。これらの販管費の費目は、最終消費者を対象としたビジネスを営むB to C企業では一般的に見られるものです。

 

\ 注目セミナー/

40代会社員が始める「新築ワンルームマンション投資」の大原則 4/24(土)開催

中京大学国際学部 教授
中京大学大学院経営学研究科 教授 

専門は経営分析・経営財務。1972年生まれ。慶應義塾大学理工学部卒、同大学大学院経営管理研究科でMBAを、一橋大学大学院商学研究科で博士(商学)を取得。

三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)および外資系経営コンサルティングファームのローランド・ベルガーにおいて、大手企業や中小企業を対象に、経営戦略構築、リストラクチャリング、事業部業績評価システムの導入や新規事業の立ち上げ支援といった経営コンサルティング活動に従事する。その後、現職の傍らマックスバリュ東海株式会社社外取締役や中央大学大学院戦略経営研究科兼任講師なども務める。

著書に『武器としての会計思考力』『武器としての会計ファイナンス』(以上、日本実業出版社)、『日本における企業再編の価値向上効果』『成功しているファミリービジネスは何をどう変えているのか?(共著)』(以上、同文舘出版)などがある。

著者紹介

連載粉飾決算&黒字倒産のシグナルを読む…「あぶない決算書」を見抜く方法

粉飾&黒字倒産を読む 「あぶない決算書」を見抜く技術

粉飾&黒字倒産を読む 「あぶない決算書」を見抜く技術

矢部 謙介

日本実業出版社

「この数字、何かがおかしい―」 決算書の数字には、粉飾決算や黒字倒産のシグナルが現れます。 「きれいな数字」にだまされず、ビジネスや投資の「リスク」を読み解き、手を打つことが重要です。 会計の基礎教養から会…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧