恐ろしい…腕時計投資の世界「デイトナ」驚愕の落札価格は?

日本ではあまり馴染みがありませんが、欧米の富裕層の間では美術品が価値ある資産として扱われ、オークションなどを通じて、古いものであっても高値で取引きされています。アートコンサルタントの第一線で活躍する長柄発氏が、知られざるアートシーンを、自身の経験も交えて紹介していきます。第1回目のテーマは「高級腕時計」。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

35万円で買った「ロレックスGMTマスター2」が…

10年ほど前、着ける機会が減った「ロレックスGMTマスター2」を20万円で売った。「25年前に35万円で買ったから、まあいいか」という思いだったが、同型のGMTマスター2が値上がりし、セカンドハンドの物が小売価格を上回る150万円をつけている。

 

そもそもロレックスは、現在、スイスの腕時計メーカーとして知られている。しかし創業は1905年、ロンドンでドイツ人が創業したメーカーである。 腕時計を主たる商品として、パーツをすべて一貫して自社製造し、多くがクロノメーター検定を受けている正確極まりない機械式時計である。

 

ケースはネジ込み式の潜水艦ハッチのような強固な防水性を持つ牡蠣の様な強固なオイスターケースが使われ、パペチュアルと呼ばれる自動巻き機能や、日付が真夜中にジャンプして変わるデイトジャスト機能を持つ。

 

筆者がくだんのGMTマスター2を購入したのは1986年。ロンドンのサザビーズに2年間のインターンとして企業留学していた頃で、ボンドストリートのスイスウォッチ専門店で購入した。価格は今より円安な時代であったが日本円で35万円ほど。バブル期にはボーナスはたけばサラリーマンでも普通に買えるものだった。ローカルタイム以外の第2のタイムゾーンを示す赤い針が便利であった。

 

つまりGMTとは、「英国が世界の標準時をグリニッジの子午線に決めたんだから世界中のお前らみんな従えよ」という大英帝国の覇権を表す概念である。今から300年も前、大英帝国が海運国家として発展すると、経度法が制定され海上における経度発見法が盛んに研究されるようになる。これは制海権を握っていた大英帝国が威信をかけて決めたワールドスタンダードのひとつで、後にハリソンという人物が温度や揺れに強いクロノメーターを開発したお陰で航海術がさらに進歩する。

 

1884年にワシントンD.C.で開催された国際子午線会議でグリニッジ子午線が本初子午線として採択されると、陸域でもほとんどの国の時刻帯はこのGMTを基準とし、それから数時間だけ進んだ(または遅れた)時刻を標準時として採用した。というわけで、極東の日本はイギリスよりも9時間も早く日が登る。アメリカはかつて英国の属国だったから口出しもできず勝手に「アメリカンタイム」なんて決められなかったのだ。当時、トランプ大統領がいたらアメリカのローカルタイムは絶対に「アメリカンタイム」になってただろう。

 

しかし現代の世界時計等ではGMTの代わりにUTCが使われていて、筆者の愛用するシチズンの電波時計には24時間積算計にUTC協定世界時(UTC, Coordinated Universal Time)が使われているのだ。これまたややこしいが、要するに1970年に世界の時間を原子時計に合わせてGMTもひっくるめて使おうというフランスやイタリアの意向が反映されたものらしい。時間の概念にはこのような技術の進歩と世界の覇権争いがあったのだ。だから本当は、今のスタンダードに合わせるとGMTマスターは「UTCマスター」ってことになるはずなのだ。

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

アートコンサルタント
有限会社ノブ・ナガラ・アート・コンサルティング代表取締役
株式会社ブルーオーシャンズ 顧問
 

1960年生まれ。慶応義塾大経卒。アートコンサルタント。オンスローガーデンズのオーナー。1983年西武百貨店入社。社内留学により1986年サザビーズアートコース卒業後、日本人で初めてサザビーズのロンドンとニューヨークの印象派絵画部門や装飾美術部門で2年間インターンとして働く。
1995年(有)ノブナガラアートコンサルティング設立。飛騨高山美術館、L.C.ティファニー庭園美術館などの個人美術館やコレクターへのコンサルティングの他、雑誌コラムや著述業などを専門とする。2008年には日本企業として最高額となる取り扱い高20億円のオークション出品を達成。これは当時のサザビーズ、クリスティーズの2社合計200億円の約10%を占めた。
東京国立近代美術館購入審査委員、全米最大のエステートジュエラー、フレッドレイトンのマネジングダイレクター、2010~2013年には世界最大の美術品オークション会社であるクリスティーズからの依頼で、日本法人代表取締役及びニューヨーククリスティーズ上級副社長などを歴任。
2013年、ヴァンクリーフ&アーペルが運営するレコール(宝飾品専門学校)のマスターズコミッティー(評議員)を務める。
2002年より福島県いわき市の里山に移住。日本を代表するアートコンサルタントで、これまでに参加した海外美術品オークションでは延べ1千回を超え、日本人で最も海外オークション精通した人物として国内外で知られる。

著者紹介

連載アートコンサルタントが語る、深き美術品の世界

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!