心理学博士が教える「傷つきやすい心が世に蔓延している理由」

人間の心や頭の発達にとって、子ども時代は重要な意味を持ちます。近年、傷つきやすい若者、すぐキレる若者、頑張れない若者が散見されるのは、学力や知力とは関係ない、何か他の能力の不足が関係している――と、心理学博士の榎本博明氏は語ります。ここでは、その能力とは何か、どうしたら高められるのかを紹介します。本連載は、榎本博明著『伸びる子どもは〇〇がすごい』(日本経済新聞出版)から一部を抜粋・編集したものです。

NEW【最新セミナー】“医師専門”の資産形成コンサルによる
30代勤務医だけのための投資セミナー〜不動産投資〜

オンラインで配信します。詳細はこちら↑スマートウォッチがもらえます。

指示待ちで自分から動けないという学生たち

小学校低学年の頃は、親に言われて勉強している子が成績の上位を占めるということがあるかもしれないが、小学校高学年や中学生になると、自分から勉強する意欲がないと徐々に成績は低迷していくものである。

 

そこで求められるのが、自発性を高めることである。これは本人自身の意欲によって動き出す性質なので、周囲の力によってこれを強化するというのは難しい。だが、悪い事例を思い浮かべれば、どうするのが望ましいかのヒントがつかめるだろう。

 

たとえば、指示待ちで自分から動けないという学生たちに子ども時代のことを尋ねると、何でも親が先回りして自分が困らないように教えてくれたり手伝ってくれたりしたというケースや、親が口うるさくあれこれ指図するので鬱陶しかったがいつのまにか親を頼るようになっていたというケースが目立った。

 

ここから言えるのは、親があまり先回りしすぎずに、子どもが失敗してもいいから自分で考えてものごとに取り組むような環境にすることが大切だということ。その際、自分で考えて動くことでたとえ失敗しても、それを怖れる必要はない、失敗から学ぶことも多いということを教えることも大切である。

 

また、子どもは未熟だし、能率が悪かったり建設的な方向になかなか動き出さなかったりしてもどかしく思うこともあるものだが、あえて指示を減らして、本人がやりたいように自由に漂わすことも大切である。そこで親に求められるのが待つ力である。

 

大人の世界は効率性の原理で動いているようなところがある。だが、そうした効率性の原理に則って動いているうちに、仕事がパターン化してしまいがちである。仕事をパターン化するのは効率性をあげるためのコツではあるが、それによって創造性は枯渇していく。子どものうちはものごとを型にはめるのではなく、いろんな方向から考えたり、いろんなやり方を試行錯誤したりして、創造性を発揮することが大切である。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

そのためにも親としてはできるだけ口出しせずに本人の自発的な動きを見守る姿勢が求められる。

失敗を恐れ、チャレンジしない子どもたち

だれだって失敗するのは嫌だし、できることなら失敗などしたくない。でも、失敗をあまり怖れると、気持ちが委縮してしまい、のびのびした行動が取れなくなる。学生たちをみていても、失敗を怖れて何ごとに対しても躊躇する傾向が強まっているように感じる。学生だけではない。失敗を怖れてチャレンジしない子どもや若者が目立つのである。

 

先生の指示に従って動けば間違いないし、勝手に動いて叱られるのは嫌なので、自分たちは失敗しないように先生のサポートに頼るようになったのではないか、言われた通りにやっていればうまくいくのならあえて自分からチャレンジする必要もないし、などというのである。

 

これは、マニュアル依存や指示待ち傾向にも通じることだが、面倒見の良いサポート環境の弊害と言えないだろうか。教育のサービス産業化の動きの中で、生徒や学生に対して手取り足取りの教育が行われ、そうしたサポート体制が整っていることが売り物になっている感がある。だが、そうしたサポート体制が失敗を怖れチャレンジしない心を生み出している面もあるといってよいだろう。

 

そこで大事なのは、失敗することの意味や価値を認識するように導くことである。IT革命によりますます先の読めない時代になっていくが、そのような時代を生きるには、失敗しながら歩んでいくしかない。失敗にいちいちめげていたら先に進めない。

 

そこで求められるのは、失敗への対処能力を高めること、そして失敗から学ぶことである。大事なのは、失敗しないことではなく、失敗を怖れずに試行錯誤すること、そして失敗してもめげずに前を向き、失敗を糧にして前進することである。

 

モチベーションの心理を解剖していくと、成功追求動機のほかに失敗回避動機があることがわかる。だれの心の中にも、成功したいという思いがあると同時に、失敗したくないといった思いもある。そのせめぎ合いのなかで行動が決まってくる。積極的な行動をとるためには、失敗回避動機を多少和らげる必要がある。

 

子どもたちは、失敗することを通して、現実を生き抜く上で大事なことを学んでいくのである。だが、子どもを教育する立場にある大人たちがそのことを忘れ、失敗を極力排除しようと過保護な環境をつくってしまっているように思われる。

 

そこで教育上大切なのが、失敗することの意味や価値をしっかりと認識するように導くことである。できるだけ失敗はしたくないものだが、失敗することもあるし、ときに失敗するのも悪くないと気づかせることである。

MP人間科学研究所 代表 心理学博士

1955年東京生まれ。東京大学教育心理学科卒。東芝市場調査課勤務の後、東京都立大学大学院心理学専攻博士課程中退。川村短期大学講師、カリフォルニア大学客員研究員、大阪大学助教授等を経て、現職。

著書に『ほめると子どもはダメになる』『「上から目線」の構造』『薄っぺらいのに自信満々な人』『その「英語」が子どもをダメにする』『50歳からのむなしさの心理学』など多数。

著者紹介

連載心理学で分析…「できる大人」の幼少期はここが違う!

伸びる子どもは〇〇がすごい

伸びる子どもは〇〇がすごい

榎本 博明

日本経済新聞出版社

我慢することができない、すぐ感情的になる、優先順位が決められない、自己主張だけは強い…。今の新人に抱く違和感。そのルーツは子ども時代の過ごし方にあった。いま注目される「非認知能力」を取り上げ、想像力の豊かな心の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧