小学生の子の成績を伸ばすには、どうすればよいのでしょうか。もちろん「毎日の自習」は大切ですが、ただ取り組ませればよいというわけではありません。より効率よく、着実に子どもの成績を伸ばすコツがあるのです。家庭で手軽に実践できる方法を紹介。※本連載は、桜ゼミナール塾長、チャイルドコーチングアドバイザーの安村知倫氏の著書『子どもの成績を「伸ばす親」と「伸ばせない親」の習慣』(明日香出版社)より一部を抜粋・再編集したものです。

「どこがわからないの?」はNGワード

お子さんがリビングで学校の宿題に取り組んでいます。「頑張ってエライな」と思っていると、「お母さん、わからない」と質問してきます。お母さんは一生懸命に教えるのですが、お子さんの表情がさえない。

 

「説明が悪かったかな?」と、もう一度ゆっくりと説明してあげますが、子どもは首をかしげたまま。そこで「どこがわからないの?」と子どもに聞いてみると、「何がわからないかがわからない」と言い出してしまいました…。

 

こうなると、お母さんも焦ってしまいますね。「学校の授業聞いているの?」「先生に質問しなさい!」と感情的になってしまうかもしれません。

 

実は、子どもが「どこがわからないかわからない」と言い出すことはよくあることで、多くの子どもは自分がどこでつまずいているか自覚できません。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

つまずいたら、「わかるところ」まで戻るのがベスト

では、「どこがわからないかわからない」という子には、どう対応すればいいのでしょうか?

 

確実なのは、お子さんがわかるところまで戻ってあげることです。1つ前の段階に戻って、お子さんに「xxについてはわかる?」と聞いてみてください。例えば、3ケタ÷2ケタの割り算がスムーズでないなら、1つ前の2ケタ÷1ケタができるかどうかチェックしてあげてください。もし、2ケタ÷1ケタがスラスラできないなら、九九につまずきがあります。

 

以前、小学校6年生で塾に来たSさんは、算数の割り算が不得意でした。苦手な箇所を確かめると、2ケタ÷1ケタが解けなかったので、九九までさかのぼって復習することにしました。お母さんはショックを受けている様子でしたが、中学校に入学してから「あのときに九九に戻って復習して本当によかった」と笑顔で話してくれました。

 

九九の確認まで戻るのは勇気がいりますが、つまずきを発見したときに戻ったほうがお子さんの将来にとっていいのです。

 

多くの子がつまずく割合の文章問題の例でいえば、次のようになります。

 

『ある品物を4000円で仕入れた。

仕入れ値の3割の利益を見込んで定価をつけた。』

 

「仕入れる」「仕入れ値」「3割」「利益」「定価」と、小学生が嫌いな言葉だらけです(笑)。問題をぱっと見て「全然わからない!」と言い出す子もいます。言葉の意味がわからないときは、1つひとつ辛抱強く教えてあげる必要があります。文章題が苦手なお子さんには、計算式を立てるより前の「言葉」に戻ってあげてください。

 

もし英単語を覚えられないなら、覚える前の段階である音読のチェックが必要です。英単語は漢字と同じく、スラスラ読めないと覚えられないからです。音読が大丈夫なら、英単語の意味の確認をしてみてください。

 

子どもが「わからない」と言い出したら、遠回りでも「わかるところ」まで戻ってあげる勇気が必要です。小学生の学習内容は中学生の学習内容にもつながるので、積み残しのないようにしてあげましょう。

 

良い例:「わかるところまで戻ろう!」

悪い例:「どこがわからないの?」

 

【まとめ】伸ばす親は、つまづきを発見したら、すぐ戻る!

次ページ毎日の予習・復習は「効率」が大切

あなたにオススメのセミナー

    子どもの成績を「伸ばす親」と「伸ばせない親」の習慣

    子どもの成績を「伸ばす親」と「伸ばせない親」の習慣

    安村 知倫

    明日香出版社

    親子で力を合わせれば、どんな子も成績が伸びる! 教え方を変えれば、苦手科目も得意に変わる! 「うちの子は集中力がない」 「苦手科目の成績を伸ばしたい」 「応用問題になるとできなくなる…」 「うちの子の成績を…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ