学歴は関係ない…といっても「世の中は学歴」でしかない事実

学歴なんて関係ない――。そんな言葉がSNSを中心に話題になっていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。日々発表される統計や調査の結果を読み解けば、世の中のさまざまな一面がみえてきます。今回は、「学歴格差」についてみていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

菅総理は「学歴は関係ない」とは言ったけど…

過熱した受験戦争への反省からか、日本では学歴社会への嫌悪感が急速に広まりました。また先進諸国の風潮に合わせたように、実力主義、成果主義をうたうようになり、「努力して結果を出せば上にあがれる」と希望を見出せる世の中に変わりつつあります。

 

また先日、横浜市議の遊佐大輔氏が、かつて、菅総理の秘書になるときのやり取りが話題になりました。

 

遊佐氏「わたしは高卒ですが、それでも大丈夫ですか?」

 

菅氏「過去の学歴は関係ない。あるのは、いまと未来だ。一生懸命頑張れ」

 

これを聞いて「やはり学歴は関係ないんだ」という風潮が強まったように感じます。しかし、このエピソードを聞いて「菅総理=学歴とは無縁の経歴」と勘違いしている人もいるようなので、いまいちど整理します。

 

菅総理は、高校卒業後に上京。ダンボール工場に就職後、大学進学を目指し数ヵ月で退職します。アルバイトで生計を立てながら受験勉強をし、2年後、法政大学法学部政治学科に合格。卒業後、民間企業を経て、小此木彦三郎衆議院議員の秘書を11年間、横浜市議を2期務め、1996年の衆院選で初当選しました。

 

このような経歴から「叩き上げの苦労人」とされ、自民党としては海部俊樹以来の「非世襲」、自民党初の「無派閥」の総理大臣と、まさに異例づくしと取り上げられたのです。

 

ここまでの説明でわかるとおり、菅総理は高卒で就職をしていますが、最終的には法政大学卒。世間一般的にいって高学歴といえるでしょう。また菅総理のご子息も、有名大学を卒業していることは知られています。「学歴は関係ない」と菅総理が言ったことは確かですが、「学歴は必要ない」といったわけでないのです。

 

やっぱり上を目指したほうがいい?(※画像はイメージです/PIXTA)
やっぱり上を目指したほうがいい?(※画像はイメージです/PIXTA)

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!