中学の歴史…織田信長と豊臣秀吉は「一体何をした人なのか?」

※本連載は中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表・松本亘正氏の著書『中学受験 「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する歴史の授業 上巻(旧石器〜安土・桃山時代) 』(実務教育出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

NEW【最新セミナー情報】

“医師専門”の資産形成コンサルによる

勤務医だけのための投資セミナー~不動産投資~

他の情報とは違うと言い切れる理由があります。

理由はコチラ

商業の自由化で「経済界の支持獲得、仏教勢力を抑制」

安土・桃山(あづち・ももやま)時代は織田信長(おだのぶなが)や豊臣秀吉(とよとみひでよし)が活躍した時代です。前回の記事『織田信長の快進撃…実力主義の戦国時代をいかにのし上がったか』では、織田信長の台頭を解説しました。

 

天下統一を目指した織田信長

 

織田信長は、1576年、近江(おうみ〔滋賀県〕)に安土城(あづちじょう)を築きました。そして、楽市・楽座(らくいち・らくざ)という政策を行います。これは、安土の町で同業者の組合である座(ざ)を廃止し、自由に商売ができるようにしたものです。また、関所(せきしょ)を廃止し、商人を移動しやすくしました。これにより商工業が発展し、安土の町は栄えました。

 

関所の廃止は、仏教勢力の既得権益(きとくけんえき〔すでに手にしている権利と利益〕)を壊すものでした。というのも、もともと仏教勢力は関所で通行人からお金を取っていたからです。その仏教勢力と信長は戦いました。比叡山(ひえいざん)延暦寺(えんりゃくじ)を焼き討ちにしたり、一向一揆(いっこういっき)には厳しく対応しました。また、信長はキリスト教を保護しましたが、これは貿易(ぼうえき)によって利益を得ようというだけでなく、仏教勢力に対抗する意図があったと考えられています。

 

天下統一を目指した信長は、1582年に家臣の明智光秀(あけちみつひで)に攻められ、亡くなります。これが本能寺の変(ほんのうじのへん)です。1582年という年号は覚えておきましょう。「十五夜に(1582)信長を討つ本能寺の変」という覚え方もある一方、ふざけたものとして「イチゴパンツ(1582)だ本能寺の変」というものもあります。

織田信長なき後、全国統一を達成

織田信長の死後、豊臣秀吉は明智光秀(あけちみつひで)を山崎(やまざき)の戦い(京都府)で破り、信長の後継者(こうけいしゃ)という立場を手にします。このとき、秀吉は現在の岡山県で、毛利氏(もうりし)を攻撃していました。信長が本能寺の変で死んだことを知った秀吉は、すぐに毛利氏との戦争を終結させ、明智光秀を討つために京都に向かいます。なんて素晴らしい部下なんでしょうか!

 

信長の後継者の座を手にした豊臣秀吉

 

信長の敵討(かたきう)ちをする秀吉は偉(えら)いと思うかもしれませんが、私はそう単純な動機ではないと思っています。おそらく秀吉はチャンスがきたと思ったんじゃないかな。だって、ここで明智光秀を倒せばヒーローです。そういう思いで、10日間ほどで一気に京都に向かい、明智光秀を倒したのでしょう。

 

イラスト:遠藤庸子
イラスト:遠藤庸子

 

秀吉は浄土真宗(じょうどしんしゅう)の寺であった石山本願寺(いしやまほんがんじ)の跡地(あとち)に、大坂城(おおさかじょう〔大阪城〕)を築きました。土佐(とさ)を中心に四国に力を持っていた長宗我部氏(ちょうそかべし)、薩摩(さつま)を中心に九州に力を持っていた島津氏(しまづし)を降伏(こうふく)させて、西日本を支配します。そして、1590年には小田原(神奈川県)の北条氏(ほうじょうし)を破り、全国統一を果たしました。

 

イラスト:遠藤庸子
イラスト:遠藤庸子

「太閤検地」と「刀狩」…秀吉、2つの社会政策

秀吉の政策は下の2つが重要です。

 

太閤検地(たいこうけんち)1582年

 

ものさしやますを統一し、どれだけ米が収穫(しゅうかく)できるかという石高(こくだか)を調べ、検地帳(けんちちょう)に記録した。年貢(ねんぐ)を確実に取り立てることが目的。農民は耕作する権利が認められたが、年貢(ねんぐ)を納めることが義務づけられ、土地を離れることができなくなった。

 

刀狩(かたながり)1588年

 

農民から刀、鉄砲(てっぽう)などの武器を取り上げた。農民の一揆(いっき)を防いで、田畑の耕作に専念させることが目的。武士(ぶし)と農民の身分が区別される兵農分離(へいのうぶんり)が進む。

 

太閤検地の「太閤」とは、関白(かんぱく)を退いた後の呼び名です。秀吉は、1585年に関白、翌年には太政大臣(だいじょうだいじん)の地位につきました。関白を辞めたのは1591年だから、「あれっ」と思いませんか?

 

太閤検地は1582年からと言いましたが、秀吉が関白を退いたのは1591年。どうして関白になってもいない1582年に行われたのが「太閤検地」なのでしょうか。

 

じつは秀吉が関白を辞めてから自分のことを太閤と呼んだため、昔の検地も、秀吉が行ったものは太閤検地と呼ばれるようになったのです。


 

イラスト:遠藤庸子
年貢を確実に取り立てるために行われた太閤検地 イラスト:遠藤庸子

 

刀狩は、「取り上げた武器は大仏づくりに使うので、農民もあの世に行ける」と行って武器を取り上げたそうです。もちろん、これは口実であって、狙いは一揆を防ぐことと、農業に専念させること。この2つの理由を覚えておきましょう。

 

 

【安土・桃山時代の理解度をチェックする】

 

松本 亘正

中学受験専門塾ジーニアス運営会社代表

 

【関連セミナー】

※【11/6開催】地域貢献×高利回り「コインランドリー投資」の全容

 

※【11/7開催】年10%の利回り保証!「ベトナムスパリゾートホテル投資」の全貌

 

※【11/7開催】4泊5日で取得可能!「フィリピン永住権」取得術

 

※【随時】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

※【随時】《年収800万円》の会社員向け/不動産投資を始めたい人向け相談会

中学受験専門塾ジーニアス 運営会社代表 

慶應義塾大学在学中に中学受験専門塾ジーニアスを開校し、運営会社の代表に就任。現在は東京・神奈川の6地区に校舎がある。

ジーニアスはハイレベルな少人数制指導塾として、1学年200人強から開成、麻布などの御三家各校、筑波大附属駒場、慶應中等部、早稲田実業、渋谷教育学園渋谷、ラ・サールなど超難関校に例年合格者を多数輩出しており、募集時には毎年満席になる校舎もある。また、家庭教師のトライの映像授業「Try IT」の社会科を担当し、高校受験生からの支持も厚い。

おもな著書に『合格する算数の授業 図形編・数の性質編』『合格する地理の授業 47都道府県編・日本の産業編』(実務教育出版)があり、ほめて伸ばすだけをよしとしない、タイプ別に子どもへの対応方法を変えるなど独自の子育て論にも注目が集まっている。

著者紹介

連載難関中学合格率約60%・人気塾の授業を再現!ガツンとわかる「安土・桃山時代」

中学受験 「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する歴史の授業 上巻(旧石器〜安土・桃山時代)

中学受験 「だから、そうなのか!」とガツンとわかる 合格する歴史の授業 上巻(旧石器〜安土・桃山時代)

松本 亘正

実務教育出版

難関中学合格率約60%の中学受験専門塾の合格授業を再現! 中学入試の社会・歴史(旧石器時代〜安土・桃山時代)のポイントが、心から理解できる一冊。 【本書の特徴】 ●イラスト&図解で楽しくスイスイ読める! ●自…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧