本記事は、株式会社グランディル代表取締役社長・竹田真基氏の書籍『9割の日本人が知らない「資産形成」成功の法則』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令・税制等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

今何位?日本の「信用力」は下がり続けている

■日本の債務比率はワーストワン

 

このようなサラリーマンの置かれている厳しい現状、すなわち負担ばかりが重く手取りが増えないという苦しい経済状況は、今後さらに悪化することが確実視されています。なぜなら、日本社会は将来的な経済成長が期待できず、逆に衰退していく可能性が高いためです。

 

 

日本のGDP成長率は2030年までに0%程度、つまり全く成長しない状態になると予測されています。また、[図表1]は「国家の債務残高ワーストランキング」を示したものです。日本の債務比率は239.2%と、ワーストワンです。

 

出典:IMF「World Economic Outlook Database(2017 年版)」を基に作成
[図表1]国家の債務残高ワーストランキング
出典:IMF「World Economic Outlook Database(2017 年版)」を基に作成

 

数年前に財政危機が取り沙汰されたギリシャよりも、はるかに高いことに驚く人もいるのではないでしょうか。日本は対外純資産、つまり外貨資産の保有率が300兆円以上と世界一ですし、個人の現預金は1800兆円程度ありますので、単純にこの数字だけを見て騒ぎ立てる必要はありませんが、財政は明らかに不健全です。また[図表2]に挙げたのは、国債の信用力をランキング形式で示したものです。

 

[図表2]国債の信用力ランキング
[図表2]国債の信用力ランキング

 

国債の信用力は、その国の信用力をある程度反映したものです。1993年の日本の格付けは最上位のAaaでした。それが、現在ではA1にまで下落しており、お隣の韓国よりも低くなっています(2019年3月時点)。世界から見た日本の格付けは、年を追うごとに悪化の一途をたどっているのです。

 

最近、ベネズエラの財政破綻に関してインフレ率が1000万%というIMF(国際通貨基金)の試算が話題になりました。さすがにそこまでにはなりませんが、日本にも財政破綻によるインフレ円安という状況が起こる可能性は十分にあります。

 

国がなぜ2%のインフレ目標を唱えているのか? インフレで物価が倍になれば単純に円の実質的価値は下がり、国の借金がそれだけ軽くなるという狙いもあります。つまり、国は意地でもインフレを実現させていくと思います。円だけで預金している人は、それがいかにリスキーであるかを考えた方がよいでしょう。

次ページ年金の積立額は不足…その額「毎年約5兆円」?

あなたにオススメのセミナー

    9割の日本人が知らない「資産形成」成功の法則

    9割の日本人が知らない「資産形成」成功の法則

    竹田 真基

    幻冬舎メディアコンサルティング

    日本人は資産運用においていたずらに損をしている!? 世に溢れるメディアなどの情報に騙されず、大切な資産を確実に築いていくにはどうすればよいのか?正しい投資の知識と教養で、人生を賢く豊かに生き抜くための手段がこ…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ