勝つ予感がなければ戦場に出ない…織田信長流「勝利の方程式」

1560年(永禄3年)6月、45,000人もの大群を率いて尾張に侵攻した今川義元に対し、織田信長がわずか2,000人の少数の軍勢で立ち向かい、勝利を収めたといわれる「桶狭間の戦い」。信長天下統一の第一歩となったといわれる、日本史上まれにみる戦いです。西野塾主宰・西野鉄郎氏の書籍『古九谷を追う 加賀は信長・利休の理想郷であったのか』(幻冬舎MC)によると、信長には勝利のためのこだわりがあったといいます。それは一体なんなのでしょうか。

秀吉の水攻め・日干しと勝家・利家の極刑

私には秀吉が戦をしているイメージがありません。せいぜい水攻めか日干しです。本能寺の変の直後の山崎の戦いで、秀吉はいったいどんな戦をしていたのでしょうか? 

 


一方利家です。利家はご成敗、根切り、磔刑(槍で突き刺す)、釜煎り、火炙りです。目を覆いたくなるほどの極刑をやっていたとされます。利家に殺された農民の身内は後世への告発文(利家の極刑の記録)を「瓦」に焼きつけて、寺の屋根の上に残したほどです。

 

この当時の利家は一前線部隊の将として柴田勝家に追随する武将でした。

信長は「灰色の白鳥カラス」を許さない

秀吉も勝家・利家もボスは同じ信長です。信長は二人のそれぞれの戦争論を容認していました。

 

信長は合理主義で有名です。コンビニのような金太郎飴の戦をしそうですが、事実はまったくそうではありません。ところで白い鳥と黒い鳥の例え話があります。白鳥とカラスです。ふたつの組織が混ざり合って、灰色の白鳥カラスになってはいけない。そんな教えを諭す例え話です。

 

秀吉が極刑をしたり、勝家・利家が水攻めや日干しをしてはいけないのです。信長は灰色の白鳥カラスを許しはしませんでした。

信長は、常に「勝利の予感」のなかで戦をしていた

つまり、信長は「いいとこ取り」を許さなかったのです。

 

カラスはカラスとして腕を磨けばいいのです。白鳥の真似をする必要はまったくないし、むしろ信長は絶対に真似は許さなかったのです。カラスはカラスで、真っ黒いカラスのままでいいのです。欠点は欠点のままでいいというと誤解を招きそうですが、信長が問題にしていたのは、欠点を補ってあまりある長所があるのか、ということでした。

 

つまり、99%の欠点を1%の長所がすべて補っているのか、ということです。とはいえ、信長とて、「1%の長所」を初めから持っていたわけではありません。それならば、信長はいったいどういう道を通り、われわれが知る天下の信長になったのでしょうか?

 

信長は圧倒的な努力をしたといわれます。では、圧倒的な努力とはどういう努力をいうのでしょうか。また、圧倒的に周到な準備をするのが信長です。では、「圧倒的に周到な準備」とはどういう準備をいうのでしょうか。

 

西野塾(英語) 主宰

石川県立小松高校(理数科)・上智大学外国語学部ロシア語学科卒業。
鶴見和子ゼミ(社会学)OB。西野塾(英語)主宰。

人生の目標は「一生一品」の「鉄郎饅頭」をつくることで、鉄郎饅頭の1個目は英語教育だった(二見書房『一気暗記200キーワード』は高校時代の自分の学習ノートの出版です)。その教育法のおかげもあり、3人の子どもたちは海外の大学に進学。織田信長や坂本龍馬、山田方谷や河合継之助、ゴッホや葛飾北斎を好み、時代小説を読むのを欠かさない。

2個目の鉄郎饅頭をつくり終え、いま現在、3個目の鉄郎饅頭に挑戦中。なお『古九谷を追う』は4個目の鉄郎饅頭である。

著者紹介

連載「古九谷を追う」… 加賀は信長・利休の理想郷であったのか

  • 【第1回】 勝つ予感がなければ戦場に出ない…織田信長流「勝利の方程式」
古九谷を追う 加賀は信長・利休の理想郷であったのか

古九谷を追う 加賀は信長・利休の理想郷であったのか

西野 鉄郎

幻冬舎メディアコンサルティング

九谷五彩による華麗な絵付けと独特の様式美で知られる磁器「古九谷」。 武家文化・キリシタン文化そして朝廷尊皇文化が育まれた加賀・金沢において古九谷誕生の背景にあったものを追究する歴史ロマン。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧