「もうだめだ」32歳男性の衝撃告白。母は笑顔のウラで…

日本人男性の3割が発症するというAGA(男性型脱毛症)。今回取り上げるM・Aさん(仮名32歳男性)もまた、薄毛に悩まされた患者の1人でした。そんなM・AさんはAGAをどのように克服したのでしょうか。この記事は、音田正光著『薄毛革命「自毛主義」のすすめ』より一部を抜粋・再編集したものです。

小学生の頃のあだ名は“べジータ”か“デビルマン”

私にとっての薄毛の悩み……それは実に子どもの頃から始まっていました。髪が薄いというよりも生まれつき、こめかみに剃り込みが入ったような毛の生え方をしていたのです。そのため小学生時代のあだ名は漫画『ドラゴンボール』に登場するキャラの一人“べジータ”、または“デビルマン”。どちらも額にM字のようなラインが入ったキャラクターです。

 

特に辛かったのは学校でのプールの授業のときです。濡れた髪がぺったりと頭に張りついて薄く見え、剃り込みも強調されて、人に見られるのが嫌でたまりませんでした。ただ子どもだったので、普段はそれほど悩むこともなく、「自分は何か人と違うなぁ」と漠然と思っていた程度でしたが、中学、高校と成長するにつれて悩みは深まっていきました。

 

中学生、高校生となると思春期に入り、異性を意識するようになっていきます。そこで髪型などもおしゃれにしたいのですが、私の場合は額を見せるのがいやなので、限られた髪型しかできません。

 

おまけに当時、剃り込みというとリーゼント頭のツッパリのイメージ。そのため中学生の頃から不良グループに同じツッパリと誤解され、因縁をつけられることもありました。そのたびに「違いますよ~」と説明し、何とか許してもらったのですが、災難ですよね。でもその髪は生まれ持ったもの。生来のコンプレックスでした。

 

思えば祖父も後頭部と横以外は毛がない、いわゆる「サザエさん」の“波平さん”的な薄毛だったので、遺伝的な要因もあったのかもしれません。

 

さらに、高校生になると薄毛の悩みは加速します。体が成長して大きくなると、当然、顔も大きくなっていきます。するとこめかみの剃り込みの部分も大きくなり、後退していくのです。

 

その頃には髪が水で濡れるのも、風に吹かれて額が見えるのもさらに恐怖になっていました。だからプールには中学時代以来、入っていません。

医学博士
親和クリニック総院長
医療法人社団 三幸音和会理事長 

大学を卒業後、一般外科、消化管外科、乳腺内分泌外科の臨床、および分子生物学、腫瘍学の研究に約10数年従事したのち、植毛手術を開始。最近の10年間で、前半の約5年間はFUSS手術をメインに執刀。症例数は約1000例超、その後もっぱらFUE手術を行う。FUE術の症例数は約2000例に上る。
平成20年、採取に動力パンチを用いたFUE手術に関する論文を執筆し、この分野の先駆的報告となった。その後、FUE法をさらに進化させた「MIRAI法」(Minimum Invasive and Rapid Improve)による[最小の傷・痛み][最速の植毛技術][最適なスタイル実現]の自毛植毛手術を確立。FYE識を覆す短時間での大量移植「ハイスピードメガセッション」や従来の3~4倍の高密度移植「スーパーデンスパッキング」は他の追随を許さない。
その後さらに技術を進化させ、採取部分を刈上げない術式“誰にも気づかれない自毛植毛法”「NC<ナチュラルカバーリング>- MIRAI法」を確立。その圧倒的な技術力は国内外の毛髪医療関係者から熱烈な支持を集めている。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン人気記事ピックアップ

この記事は、音田正光著『薄毛革命「自毛主義」のすすめ』より一部を抜粋・再編集したものです。

薄毛革命 「自毛主義」のすすめ

薄毛革命 「自毛主義」のすすめ

音田 正光

幻冬舎メディアコンサルティング

髪が抜けて少なくなる、頭頂部が薄くなる――これは男性にとって古今東西、永遠のテーマといえる苦しみであり、さらに昨今は女性にも薄毛の悩みを抱える人が増えています。 本書では、さまざまな治療法を試しては失望してきた…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧