「家に帰りたい」余命宣告された男性…家族が下した最良の決断

「在宅看取り」を理想としつつも、在宅療養の場合は被介護者の容体が急変した際に対応できず、長く生きられないのではないかと考えて断念する人が多くいます。しかし「家に帰る」という選択肢には、病院のような徹底的に療養できる万全な医療環境にも勝る意外な効果があるのです。※本連載は『大切な親を家で看取るラクゆる介護』(幻冬舎MC)から抜粋・再編集したものです。

「要介護度が高くなったら、家に帰れない」という誤解

要介護度が上がってきて、ほぼ全面的な生活介助が必要であったり、経管栄養や痰の吸引などの医療的なケアが必要な場合、「家に帰るより、病院や施設にいたほうがいいのでは」と思う人が多いかもしれません。

 

また、在宅医療は病院で治療できることがなくなり、死を待つだけの人が選ぶものと思っている人もいます。だから「治療中のうちの親には関係がない」「まだ考えたくない」と思われるようです。

 

実は、私が在宅医療を始めたばかりの20数年前は、確かにそういう面もありました。特にがんの患者さんは病院に入院してできる限りの治療をし、自宅に戻ってからほんの数日で亡くなるケースが多かったものです。

 

そういう在宅医療では、せっかく自宅に帰っても、好きなものを自由に食べたり家族と話したりといった、その人らしい暮らしを取り戻すことはできません。

 

私は、病状が進んだ人ほど、ぎりぎりになって万策尽きて家に帰るというのではなく、もっと早い段階で在宅医療を始めてほしいと思っています。

 

「なんとなく病院にいたほうが安心」「病院ならば、何かできることがあるのでは」という思いからいつまでも入院を続けていると、時間が経つほど、親御さんは弱ってしまいます。ご家族は「何かあったときに困る」という考えがあるようですが、“本人が幸せなら何があってもいい”とどこかで覚悟を決めることも必要です。

 

現在の在宅医療では、要介護度が高くなってほぼ寝たきりという方でも、医療的なケアが必要な人でも、多くは在宅で対応ができます。本当に最期が近づいたときは、痰の吸引などは必要なくなりますし、在宅医や訪問看護師がフォローに入ります。

 

一部の例外はありますが、ご本人の「家に帰りたい」という希望とご家族の理解があれば、ほとんどの人は在宅で療養することができるのです。

 

要介護度が高くなると、家ではお世話できないと思われがちだが…
要介護度が高くなると、家では世話できないと思われがちだが…

「家にいる」という安心感が薬となり、諸症状が緩和

ほかにも「在宅では十分な医療を受けられず、長く生きられないのではないか」と心配されるご家族もいます。これも十分な医療とは何か、それを望んでいるのはだれか、ということを考えてみる必要があるかもしれません。

 

少なくとも、がんの終末期の痛みをコントロールするなど、高齢者やがんの患者さんが自宅で生活を続けるのに必要な医療は、在宅でも提供ができます。

 

寿命ということでいえば、私の印象としては、家に戻るとむしろ長く生きられる人が多いと感じています。長い入院でうつ状態に陥り、ほとんど反応がなくなっていた高齢者も、住み慣れた自宅に戻るとやはりホッとするのでしょう、みるみる顔に生気が戻ってきます。

 

食欲が落ちてしまい、病院で出される介護食が食べられなくなっていた人も、家でその人の好物を用意してあげると食欲が戻り、また少しずつ食べられるようになるケースもよくあります。

 

がんの末期で病院の主治医に余命わずかといわれた人でも、思い切って自宅に戻ると、思ったよりもずっと長く生きられることがよくあります。何よりも、自分の家にいるという安心感が患者さんにとって最良の“薬”になるのでしょう。がんの場合、比較的最後まで生活レベルを保てる人も多いため、家にいられたほうが幸せなケースが多々あります。

 

私のクリニックでも、70代で膵臓がんの末期の男性を在宅で診療していましたが、先日自宅でそのまま看取りとなりました。

 

病院ではあと1ヵ月もないかもしれないという話でしたが、自宅に戻ってから5ヵ月にわたって療養生活を続けることができました。

 

介護をされたのは奥さんと近くに住む娘さんですが、訪問看護やデイサービスを使いながら、ときには車でドライブをしたりと、家族と楽しい時間をもつことができたようです。亡くなる2日前には男性の好物のウナギを一緒に食べ、それがとてもよい思い出になったと後日、娘さんが話してくれました。住み慣れた自宅で、そんな穏やかな時間をもてるのが、在宅医療ならではの醍醐味だと思います。

医療法人翔樹会 井上内科クリニック 院長

1972年、東京大学に入学後、医学を志し1976年に名古屋大学に再入学。1982年、名古屋大学医学部卒業。袋井市民病院、中津川市民病院に勤務ののち、市立四日市病院、臨港病院等で消化器科部長を歴任。1996年に井上内科クリニックを開院、同時に在宅医療をスタート。

2001年からは地域に根ざした医療・介護の担い手として「デイサービスセンターほほえみ(現・デイケアほほえみ)」の運営に着手し、2020年現在、同グループは訪問看護ステーション、住宅型有料老人ホーム等14事業所を手がける。

クリニックおよびグループ全体で「『その人らしく』を最後まで」を理念に、患者と家族の在宅生活・在宅介護のサポートを続けており、在宅での看取り実績は累計1,000人以上。

著者紹介

連載介護離職、家庭不和…子ども世代を不幸にする「頑張る介護」への警鐘

大切な親を家で看取るラクゆる介護

大切な親を家で看取るラクゆる介護

井上 雅樹

幻冬舎メディアコンサルティング

介護保険制度が始まって20年近くが経ち、「在宅医療・介護」「在宅看取り」という言葉は以前より知られるようになっています。 しかし実際は、高齢者の希望をくんで在宅介護を始めたものの、家族のほうが疲弊してしまい、在…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧