業者「せっかくだからすべて作り変え」嫌なんだけど…

【Kさんの相談内容】

リノベーションを考えていて、いくつかの業者に見積もりを依頼しました。そのうち二社からは「キッチンも最新設備に入れ替えたほうがいいですよ」と、予算よりも高い金額を提示されてしまいました。スケルトンにしてから設計をやり直したほうがうまくいくとか……。本当でしょうか? ※本記事は、株式会社シンプルハウス代表取締役・山本武司氏の書籍『中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」』(幻冬舎MC)から一部を抜粋したものです。

 

 

 

Case⑧ 絶対にスケルトンにしないとダメ?

 

スケルトンとは、住宅の内部を解体して柱や梁、床だけの骨組みの状態にすることを指します。間取りを一新してまったく新しい空間を作ることができますが、必ずしもスケルトンにしなければいけないわけではありません。

 

Kさんもまた、他社から「せっかくだからすべて作り変えて、水回りも最新の設備にしましょう」と言われ、予算以上の金額を提示されていました。しかし、ご本人は既存のキッチンを気に入っていましたし、私も変える必要がないほど素敵だと感じていました。それに、Kさんの一番の理想は二人のお子さまの個室を作ることだったのです。

 

そこで、キッチンを総入れ替えする前に、まずは間取りを優先して作り変えることに予算を振り分けました。結果、ローコストで理想の間取りを叶えることに成功しました。

 

リフォーム会社が手掛けるリノベーションの場合、どうしても設備機器を変えたがる傾向にありますが、既存のものでも使えそうであれば残しても問題ありませんし、無理に予算をオーバーさせる必要はまったくありません。何より大切にすべきなのは「どんな暮らしを実現したいか」だからです。

 

 

【リノベーション費用詳細】

 

詳細解体処分工事:50万円

造作意匠工事:125万円

建具家具工事:80万円

設備刷新工事:200万円

電気防災工事:58万円

内装仕上工事:100万円

インテリア工事:70万円

───────────────────

合計:683万円

※設計・諸経費は含んでいません

※参考価格であり契約金額ではありません

※税抜価格です

 

 

 

【リノベ後の写真を見る】

 

 

山本 武司

株式会社シンプルハウス 代表取締役

 

株式会社シンプルハウス代表取締役
増改築セミナー講師
MUJIリノベーションクラブ講師
リノベーション協議会理事

奈良県生まれ、店舗設計会社・内装会社を経て1984年創業。のち会社設立、代表取締役就任。以来、内装、建築、増改築などリフォーム全般に携わる。1994年現社名に変更、一級建築士事務所として登録。

独自のポータルサイトや不動産情報の提供に加え、特に不動産購入やリノベーションを検討する夫婦の「理想」を拾い上げ、ムダのない空間づくりやコスト面においてニーズを合致させる魅力的なリノベーションに定評がある。前著『中古×リノベーションでつくる世界にひとつだけの住まい』(幻冬舎)。

著者紹介

連載中古住宅×リノベーション~ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

中古住宅×リノベーション ローコストで叶える「世界にひとつだけの家」

山本 武司

幻冬舎メディアコンサルティング

既存住宅×リノベーションだからこそ実現できる「理想の暮らし」がある! ローコストで“世界にひとつ、あなただけの理想の住まいを手に入れられるリノベーションの魅力とは? ご自身のライフスタイルやご家族のライフステ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧