突然「別れたい」といわれたとき、法的に阻止するワザ

突然、結婚相手に「離婚」を切り出されたらどう対処すれば良いのか、流れを理解し、対策しておきましょう。世田谷用賀法律事務所の代表者、弁護士の水谷江利氏が解説します。

[PR]10月6日(火)、オンラインにてセミナー開催!

【オンライン開催(LIVE配信)】
〈企業オーナー必見〉補助金10割!
コロナに負けない「児童発達支援事業」の魅力とは?

~「社会貢献」×「長期安定」の優良教育事業の全貌~

離婚を切り出された時のために知っておくべきこと

いきなり離婚を切り出されて、混乱してしまう方も多いかと思いますが、まずは落ち着きましょう。あわてて対処する必要はありませんし、取り乱す必要もありません。ポイントは以下の通りです。

 

(1)離婚はすぐには成立しない

 

離婚は相手の同意がない限り、離婚原因があったとしても1年半~2年、場合によってはそれ以上離婚することはできないのです。成立するには時間がかかる、ということなのです。

 

(2)離婚までの間は婚姻費用を請求しましょう

 

しかし、その間の生活はどうしたらいいのでしょうか?

 

専業主婦の方でしたら、その心配は大きいでしょう。そこで、婚姻費用の分担を請求します。相手方が調停を申し立てた場合、算定表によって婚姻費用が決まり、別居が解消されるまでその支払いは続きます。

 

ですから、その婚姻費用を受け取りながら、前向きに次の将来設計を描くのです。すぐに露頭に迷うわけではありませんので、不要な不安を抱く必要はありません。できるだけ冷静に頭の中を整理してください。

 

離婚の申し出があっても「すぐに路頭に迷う」ということはない
離婚の申し出があっても「すぐに路頭に迷う」ということはない

 

(3)不受理申出書を提出しておく

 

市区町村の役場に「不受理申出書」を提出しておくとよいでしょう。市区町村ではその離婚届が両者の同意を得ているものかどうか、確認を取ることができないのです。

 

提出しておけば、万が一、相手方が勝手に離婚届を提出しても、受理されません。なお、効力は一生続きますので、必要がなくなったら取り下げる必要があります。

 

[PR]10月6日(火)、オンラインにてセミナー開催!

【オンライン開催(LIVE配信)】
〈企業オーナー必見〉補助金10割!
コロナに負けない「児童発達支援事業」の魅力とは?

~「社会貢献」×「長期安定」の優良教育事業の全貌~

 

申し出先は、本籍がある市区町村の戸籍課になります。それ以外で提出した場合、受け付けた役場が本籍のある役場に申出書を送付します。効力があるのは本籍のある役場で受理されてからとなります。それまでに離婚届を出されてしまうと受理されてしまうので、注意しておきましょう。

 

書類は本籍のある役場のHPでダウンロードできます。

 

(4)専門家に早めに相談する

 

専門家といっても、いろいろな窓口があります。それぞれの特色を理解して、ご自身の状況に応じたプロに相談することをオススメします。

「離婚」に関する悩み…どこに相談すべきなのか?

上記の「(4)専門家に早めに相談する」について、詳しくみてみましょう。

 

●弁護士:離婚手続きの全面において、代理人になることができます。相手と直接協議ができないような場合、早めに弁護士に相談することをお勧めします。

 

●自治体の相談窓口:市区町村には市民サービスとして法律相談が解説されています。通常は無料で、担当者は地域の弁護士会の弁護士が務めるのが一般的です。

 

●個人アドバイザー:「心理カウンセラー」「離婚カウンセラー」など、法律の専門家ではありませんが、悩みを聞いて欲しかったり、くじけそうになった時に力になってくれるでしょう。

 

●法テラス(日本司法支援センター):弁護士に相談したい方向けに、弁護士費用立替制度があります。援助を受ける場合は、経済的な要件を満たす必要があります。

 

●女性センター:さまざまな名前が付いていますが、市区町村には女性が抱える問題全般を扱う公的機関があります。DVやモラハラでお悩みの場合、民間のシェルターなどを紹介してくれます。

 

●ハローワーク:就労支援について援助してくれます。

 

●地方自治体窓口:児童扶養手当や医療費助成など、離婚後の生活について役立つ情報をくれます。

 

●福祉事務所:生活保護や母子家庭援助など、アドバイスを受けられます。

 

●興信所や調査会社:費用は調査時間に応じて高額になりますが、浮気などの調査には力になってくれます。

 

突然のことで動揺したとしても、無用な心配をする必要はありません。慌てず、まずは問題点を整理して、それぞれの専門家に相談するのが解決の早道になるでしょう。

 

水谷 江利

世田谷用賀法律事務所 弁護士

 

[PR]10月6日(火)、オンラインにてセミナー開催!

【オンライン開催(LIVE配信)】
〈企業オーナー必見〉補助金10割!
コロナに負けない「児童発達支援事業」の魅力とは?

~「社会貢献」×「長期安定」の優良教育事業の全貌~

 

世田谷用賀法律事務所 代表 弁護士

東京都立大学卒業後、新卒で大手弁護士事務所に入社、渉外企業法務を志して弁護士に。「もっと人の人生の近くで仕事がしたい」との思いから、2015年世田谷用賀法律事務所を開所。現在は個人の相続、離婚、不動産を中心に、国際離婚や企業顧問なども多く取り扱う。英語対応可能。東京弁護士会所属。東京都世田谷区所在。 https://setayoga.jp/aboutus.html

著者紹介

連載世田谷の家事弁護士が監修!実例では描けない相続&離婚ショートストーリー

本連載は、「世田谷用賀法律事務所」掲載の記事を転載・再編集したものです。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧