過去最高額!1時間で「約9680億円」相当の送金…暗号資産

BTCブロックチェーン上で、89億ドル(約9680億円)に相当する計130万ビットコインが1時間で移動したことが確認された。

BTC、1時間あたりで過去最高額の巨額送金

BTCブロックチェーン上で、89億ドル(約9680億円)に相当する計130万ビットコインが1時間で移動したことが確認された。

 

オンチェーン市場情報分析企業Glassnode社のRafael Schultze-Kraft共同設立者が示したデータによると、ビットコインの歴史上、1時間で最大のUSD取引量に相当するという。

 

該当トランザクションは、Bittrexに関連したものであることが指摘されており、約56,000ビットコインで構成される21の連続トランザクションで、計118万ビットコイン(87億ドル)を移動したと伝えた。この移動の直前には、システムのアップグレードに伴うBittrexの定期メンテナンスが行われている。

 

今回の送金事例でハッキング等の被害報告はない。

 

また、巨額送金にかかった送金手数料にも注目が集まった。今回の各トランザクションにかかった料金は約0.00008BTC、約0.60ドルで、計12.50ドル(約1360円)で90億ドルほどの資産を移動できたことになる。

 

◆BTC価格への影響可能性は低い

 

これまでのところ、Bittrexがビットコインで約90億ドルを移動した理由は明かされていないが、一部では同取引所がコールドストレージをアップグレードしているのではないかと推測する意見も挙がっている。

 

過去に取引所がコールドストレージに資金移動する際に似たような動きがみられていた。例えば大手取引所バイナンスが7月に約10億ドル(約1080億円)相当のビットコインをコールドストレージに移動した事例がある。

 

通常、大規模な額が取引所へ転送される場合は、売り圧の増加につながる可能性があるため、弱気のシグナルとみなされる。逆に、取引所から外へ送られる場合は、取引所からの引き上げとして市場内資金の減少を示すため、強気相場のシグナルとみられることが多い。

 

ただ今回の場合は、単なる内部転送との見方が強く、ビットコインの価格に大きな影響を与える可能性は低いと考えられている。

 

※本記事は、2019年12月6日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧