580億円相当流出のコインチェック、「自動積立サービス」開始

6日、コインチェック株式会社は、暗号資産自動積立サービス「Coincheckつみたて」を提供開始した。取扱通貨はBTC(ビットコイン)のみだが、順次追加予定。毎月の積立金額は「10,000〜100,000円」の範囲で、1,000円単位で設定が可能。

「Coincheckつみたて」を提供開始

コインチェック株式会社は、2019年11月6日より、暗号資産自動積立サービス「Coincheckつみたて」の提供を開始したことを発表した。

 

本サービスでは、事前に利用者に指定された金額を、暗号資産として毎月定期的に積み立てられる。日本円の入金から暗号資産の購入までを、自動かつ手数料無料で行うことが可能となる。

 

◆運用方法は「ドルコスト平均法」

 

取扱通貨は、BTC(ビットコイン)のみだが、順次追加予定。毎月の積立金額は「10,000円以上100,000円以下」の範囲で、1,000円単位で設定が可能だ。

 

同社サイトでは、「投資初心者を中心に有力な資産運用の方法として知られるドルコスト平均法を用いており、価格変動が激しいとされる暗号資産においても、相場の急変動に左右されない長期的な資産形成に役立てていただける。」とアピールした。

 

◆人生百年時代に備えて

 

またコインチェック社は、厚生労働省が発表した「平成29年簡易生命表」を例に、2017年生まれの男性が95歳まで生きる確率は9.1%、2017年生まれの女性が95歳まで生きる確率は25.5%と予想され、「人生100年時代」を迎えていることにも言及。

 

2019年6月に金融庁の市場ワーキング・グループが発表した報告書「高齢社会における資産形成・管理」が世間で話題となり、資産運用への注目が高まっているとした。「年金2000万円問題」を指しているものと思われる。

 

同社は、今回の「Coincheckつみたて」の提供開始を通じて、さらに多くの方々に暗号資産を利用した長期的な資産形成の機会の提供を目指すとしている。

 

※本記事は、2019年11月6日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧