北朝鮮、「韓国の暗号資産取引所」を狙って執拗にハッキング

韓国系メディアなどが報じるところによると、北朝鮮は幼少期からIT技術に特化した人材を選抜し、暗号資産のハッカーを育成しているという。被害および攻撃を受けたと推定される暗号資産関連の企業の多くが、韓国企業であることも報告されている。

北朝鮮、暗号資産専門のハッカーを幼少期より育成か

国連が新たに提出したレポートによると、北朝鮮は人民のなかからIT技術に特化した人材を選抜し、暗号資産専門のハッカーを育成しているという。韓国系メディアなどが報じている。

 

香港に登録されているブロックチェーン企業のマリンチャイナは、金融制裁の回避手段として使われていることが明らかにされた。

 

また、国連の対北朝鮮制裁委員会の中期レポートでは、北朝鮮によるハッキングなどの被害および攻撃を受けたと推定される暗号資産関連の企業の多くが、韓国企業であることも報告されている。

 

具体的な企業名では、Bithumb,Youbitといった企業があり、特にこの取引所のBithumbに関しては、これまで複数回にわたって北朝鮮からのハッキング攻撃を受けているとみられる。

 

攻撃の手口の一つとなっているのが、スピアフィッシング、あるいはスピア型攻撃と呼ばれるものだ。スピアフィッシングはフィッシング詐欺のひとつで、特定のターゲットに対して、個人情報やデータを盗み出そうとするものである。

 

レポートに報告されている事例では、韓国の4つの暗号資産取引所の計25名の従業員をターゲットとして攻撃が試みられてきた。暗号資産は、米国などから経済制裁を受ける北朝鮮が、新たな資金源として積極的に活用していると見られる。

 

その手法も暗号資産取引所やマイニング企業へのハッキングに始まり、ウェブページを訪れた人のパソコンを使って秘密裏にマイニングを行う「クリプトジャッキング」など、多岐にわたる可能性が指摘される。

 

資金源としてだけでなく、資金の移動手段としても使われているとみられ、国家ぐるみの犯罪行為が懸念されている。

 

参考:chosun.com――北, 블록체인 회사 만들어 해킹 자금 세탁

 

※本記事は、2019年11月6日に「CoinPost」で公開されたものです。

 

CoinPostならではの視点による調査をもとに、暗号資産界の現在を見通す指針となるニュースを配信。国内外の取引所、暗号資産界の要人の方々に直接インタビューを実施し、暗号資産界のトレンドを常に牽引するメディア。

また、海外の暗号資産界の話題をいち早くキャッチし、翻訳して配信。海外暗号資産界の要人の方々(例:Ripple、Qtum、Lisk、Stellar、MonacoのCEOや創設者の方々など)に直接インタビューを実施し、正確かつ迅速に配信する。

写真は編集長の各務貴仁。

https://coinpost.jp/

著者紹介

連載暗号資産の情報メディア「CoinPost」が発信!暗号資産デイリーニュース

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧